地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > アカン鳥栖…!?サンフレッチェ広島0-1負け、川崎フロンターレは”コンサソーレ”と7-0爆勝で勝ち点差6…やっぱりカギを握るのはセットプレー
2018年09月15日
編集部編集部

アカン鳥栖…!?サンフレッチェ広島0-1負け、川崎フロンターレは”コンサソーレ”と7-0爆勝で勝ち点差6…やっぱりカギを握るのはセットプレー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンフレッチェ広島
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

明治安田生命J1リーグ第26節、サガン鳥栖戦は、「DAZN presents パブリックビューイング」が広島の街のど真ん中、基町クレド・パセーラ1F、ふれあい広場で開催された(トップ画像)

明治安田生命J1リーグ第26節(9月15日、ベストアメニティスタジアム)

後半戦初の3連勝を目指したサンフレッチェ広島はアウェーで下位に沈むサガン鳥栖相手に手痛い一敗を喫した。

後半31分、守るサンフレッチェ広島は左エンドラインからの相手のFKであっさり失点…。「マークを外すとやられる」と城福浩監督が振り返ったように、ティーラシンがサガン鳥栖DF・高橋祐治のあとを追いかける形になり、そのまま身長187センチの高い打点からの決勝ゴールを決められた。高橋祐治はJ1初ゴール。

逆にサンフレッチェ広島にとっては、これがセットプレーからの今季初失点(PKは除く)となった。

セットプレーを重要視している城福浩監督にしてみれば、一番警戒していたことが現実になった格好。逆に前節・鹿島アントラーズ戦ではセットプレーから2得点した自慢の攻撃陣が、5試合連続ホームゲーム無失点のサガン鳥栖の堅い守りに跳ね返された。サンフレッチェ広島の無得点は9試合ぶり。

ひろスポ!関連記事
カギはセットプレー!城福浩監督の目標を設定し実践していく手腕…パトリック、佐々木翔のゴールで鹿島アントラーズに逆転勝ち(2018年9月1日掲載)
hirospo.com/pickup/49506.html

開幕前非公開練習でコンサドーレ札幌の高さやセットプレー封じ、城福サンフレッチェは「サッカー王国広島」で「新しいものを生み出していく」(2018年2月23日掲載)
hirospo.com/pickup/45070.html

他会場では、2位で1試合未消化の川崎フロンターレが北海道コンサドーレ札幌に7-0で爆勝。この結果、前節で9に広がったサンフレッチェ広島と川崎フロンターレの勝ち点差は6に縮まり、「川崎、逆転連覇!」の声がまた聞こえ始めた。得失点差もサンフレッチェ広島+21、川崎フロンターレ+20と急接近…

ペトロヴィッチ監督のサッカーがフィットしてきた北海道コンサドーレ札幌は前節まで5戦負けなしの3連勝で4位に浮上、川崎フロンターレを叩きにかかるはずの等々力陸上競技場でクラブワーストタイの大量失点を許し5位に後退した。

一方、3位をキープするFC東京はベガルタ仙台に0-1で敗れて6戦連続未勝利と足踏み。2連勝のベガルタ仙台が前節の6位から4位に浮上した。

サンフレッチェ広島は次節、9月22日(土)、ホームのエディオンスタジアム広島でそのFC東京との、絶対に落とせない大事な一戦を迎える。

 

第26節第2日終了時点での上位8チームの順位と勝ち点
( )内は前節からの上乗せ。※は昨季の4強でACL出場組
川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌は1試合未消化

1位 サンフレッチェ広島   55(-)
2位 川崎フロンターレ※   49(+3)
3位 FC東京        42(-)
4位 ベガルタ仙台      41(+3)
5位 コンサドーレ札幌    41(-)
6位 セレッソ大阪※     40(+1)
7位 鹿島アントラーズ※   39(+3)
8位 ヴィッセル神戸     36(-)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内