地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > アンジュヴィオレ広島、最終戦でなでしこ1部昇格のAC長野パルセイロ・レディース撃破!!!なでしこ元年5位フィニッシュで次は皇后杯
2015年11月04日
編集部

アンジュヴィオレ広島、最終戦でなでしこ1部昇格のAC長野パルセイロ・レディース撃破!!!なでしこ元年5位フィニッシュで次は皇后杯

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンジュヴィオレ広島
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

ホームでの最終節に快勝してサポーターらと全員で記念撮影

 

プレナスなでしこリーグ2部第27節(最終節)、アンジュヴィオレ広島対AC長野パルセイロ・レディース(11月3日、広島広域公園第一球技場)

 

アンジュヴィオレ広島が今季、なでしこ2部で優勝を決め来季は1部に参戦するAC長野パルセイロ・レディースをホームで撃破した。

0-0の前半終了間際、中央から飛び込んだMF赤嶺美月が右足で蹴りこみこの1点を守り切った。

試合前にいつもの3トップから最終ラインの右サイドに入ることが決まった葛馬史奈と、葛馬に代わって前線右にポジションをとった神田若帆の二人が試合開始早々から絶妙のパスワークで攻撃にリズムを作り、この試合唯一の得点も神田から葛馬に繋ぎ、葛馬のクロスから赤嶺、という流れになった。

葛馬史奈
決勝点をアシスト、クロスを出す葛馬史奈(ゆえに赤嶺美月のゴールは撮影できず…、赤嶺選手ゴメンナサイ…)

神田若帆
抜群の身体能力で何度も攻撃の形を作った神田若帆

葛馬を下げたことについて奥村優之監督は「どうしても前が少ないので神田とふたりでうまくはまってくれた」と狙いを説明した。

アンジュヴィオレ広島10月3日
後半、アンジュヴィオレ広島攻撃の1シーン、斎原みず稀が左サイドを駆け上がり(手前)その奥で葛馬(中央奥)が中央に切り込む、さらに後方から詰めてくる神田(右端奥)

斎原みず稀
攻撃の要の斎原みず稀のドリブル突破、左奥に葛馬、右に神田の姿が見える

守ってはこの試合で「ウーマンオブザマッチ、デフェンス部門」に選ばれた齊藤仁美がスピードを生かした守りで相手の動きを封じ、3月の鎖骨骨折から復調しつつあるGK上谷久美子もスーパーセーブ連発。今季ここまでの2戦でいずれも0-4を大量得点を許した相手を完璧に抑え込んだ。

アンジュヴィオレ広島は12勝3分け12敗でなでしこ1年目を終え5位に食い込んだ。

1位 AC長野パルセイロ・レディース 勝ち点67(1部昇格)
2位 ノジマステラ神奈川相模原 勝ち点64(入れ替え戦進出)
3位 日体大FIELDS横浜  勝ち点56
4位 スフィーダ世田谷FC      勝ち点40
5位 アンジュヴィオレ広島   勝ち点39
6位 愛媛FCレディース    勝ち点34
7位 ASハリマアルビオン   勝ち点32
8位 FC吉備国際大学Charme   勝ち点25
9位 福岡J・アンクラス    勝ち点23
10位 JAPANサッカーカレッジレディース 勝ち点9

齊藤仁美
ポニーテールをなびかせ攻守連発の齊藤仁美

上谷久美子10月3日
最終節でホームゲームなでしこ2部初出場となったGK上谷

上谷久美子ナイスセーブ
上谷、ファインセーブ!!

武田裕季10月3日
最終ラインからチームをコントロールしたキャプテンの武田裕季

神田若帆
神田若帆のコーナーキック

水野祐里10月3日
後半、相手DFの間からゴールを狙うFW水野祐里

山口友里恵10月3日
中盤戦でも押し気味の展開に持ち込んだMF山口友里恵

赤城史香責め10月3日
左サイドから赤嶺と攻め上がる#26赤城史香

赤嶺美月10月3日
先制点を奪ったあとも攻め続ける赤嶺

赤嶺美月10月3日
試合後、サポーターにアンジュ・ラインダンスを披露

武田裕季
試合後、スタンドに呼びかける武田キャプテン

武田キャプテンの話

0-4負けした相手に前から当たっていこうと監督と話ていました。それに最後なので楽しもうね、とみんなで話していました。シーズンを通じては対戦2周り目で勝てなくなるなど反省点もありますが、きょうの勝ちは大きいと思います。攻撃面では若いメンバーでもしっかり自分たちでどうやっていくか、その意識ができています。守りではしっかり抑えるところを抑える、その意識を徹底していけばもっとよくなると思います。

バニーズ京都から移籍1年目で活躍中の齊藤仁美選手

優勝したチームに勝って終わろうとみんなで話ていたのでとても嬉しいです。試合前にチョコを食べたので元気が出ました!

齊藤仁美10月3日インタ
インタビューを受ける齊藤選手

奥村監督の話

なでしこ2部ということで緊張して開幕を迎え最初は負け越したのですが、第2クールの6連勝で弾みがつきました。でも、国体を挟んでそこからまた苦しい状況になりました。(17節の)ノジマステラ神奈川相模原戦に(3-4で)負けたのが選手にとっても辛いことだったと思います。そうしたことを乗り越え、そして今日の勝利が来年に繋がれば…。皇后杯初戦に勝ってぜひ広島に戻って試合をしたいと思っています。

※皇后杯は11月7日開幕、アンジュヴィオレ広島は15日の2回戦で徳山大学と日ノ本学園高校の勝者と福井県テクノポート福井スタジアムで対戦。勝てば11月21日の3回戦でコカ・コーラウエスト広島スタジアムのピッチに立つ。対戦相手はINAC神戸レオネッサとなることが有力視されている。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内