地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島、六回に大竹に集中打浴びせるなど一挙6点で巨人に逆転勝ち(8月3日)
2014年08月03日
編集部

広島、六回に大竹に集中打浴びせるなど一挙6点で巨人に逆転勝ち(8月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島は2点を追いかける六回に打線が久しぶりに繋がった。

先頭の一番・堂林がバックスクリーン右に6号ソロ。この一発で五回まで1安打ピッチングの巨人・先発大竹の表情には動揺の色がありあり…。

続く菊池も左翼フェンス直撃二塁打。丸が歩いて無死一、二塁から昨日、一昨日と完全にブレーキになっていた四番・エルドレッドがセンター前にタイムリー。試合は2対2の振り出しにもどった。

ここで巨人ベンチは大竹を諦め、二番手は大竹と同じく広島から移籍の青木。代打小窪は倒れたが左打席にそのまま入ったルーキーの田中がライト前に打ち返し、丸が俊足を飛ばして二塁から勝ち越しのホームイン。

さらに広島打線は巨人3人目の香月にも襲い掛かり2つの盗塁を絡めながら梵、會澤も連続タイムリー。

およそ30分攻め続けた広島は一挙6得点。7回2失点の福井に2勝目がつき、首位・巨人とのゲーム差は再び3・5に縮まった。

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内