地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > チケット高騰などマツダスジアム入場券問題山積でカープ松田オーナー「試合数で縛る」案も、しかし肝心の広島市がスルー
2017年03月24日
編集部編集部

チケット高騰などマツダスジアム入場券問題山積でカープ松田オーナー「試合数で縛る」案も、しかし肝心の広島市がスルー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダスタジアム
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

マツダスタジアム入場券窓口に寒空の下、並ぶファン(トップ画像説明)

 

「入場券転売解決策を」(3月5日付中国新聞、読者投稿ページ「広場」)、「入場券の転売対策を」(3月16日、同紙面)と地元紙でも取り上げられ、ひろスポ!にはカープファンから多数の「苦情」や「提案」が届いているマツダスタジアムで開催されるカープ入場券問題。

すでに昨シーズン、チームが優勝に向け快進撃を続けた夏場以降から、同様の現象が明らかになっていたにもかかわらず、今シーズンの地元戦入場券発売時には確たる対策が取られないまま一週間後には開幕を迎えることになった。

広島市役所ではこの日(3月24日)、広島市民球場運営協議会が開催された。この協議会は、マツダスタジアムの運営に関する報告、審議などを行う。

委員は各界から広島市によって任命された16名。松井一実市長以下、竹内功副市長、宮原 慎都市整備局長ら数名の事務局とともに構成されている。

1時間にも満たないその話し合いの中では触れられることのなかった、この入場券に関する様々な問題。協議会に参加した広島東洋カープの松田元代表取締役社長(オーナー)が閉会後、報道陣の問いかけに応える形で次のような対策を明らかにした。

・今年の、マツダスタジアムでの入場券発売においては、窓口で1時間以上も粘るケースも見られた。

・そうしたことを防ぐために、来年までに工夫しながら新たに望ましい形を考える。

・並んで購入するファンに対してリアルタイムで販売状況を知らせるなどの方策も必要。

・ネット販売についても課題はあるが、まず窓口での販売に関しては「試合数で縛る」など「ひとりで買える枚数」を制限する方向で探っていきたい。

 

冒頭で紹介した中国新聞の読者投稿の内容を見ると「ネットのオークションやチケット販売をのぞいてみると、おぞましい数と金額のチケット」と書かれている。

16名もいる委員と広島市の担当者らが、これらの記事や街中の金券ショップに掲げられたチケット料金を知らないはずはない。

だとすれば、この広島市民球場運営協議会自体の存在意義に?がつく。

年に一度、しかも1時間もかからない協議だけで、年間200万人以上がやってくる巨大集客施設、マツダスタジアムにおける市民、ファン目線により近い運営が着実にできるのだろうか?

広島新サッカースタジアム取材班

ひろスポ!おすすめ情報

有効求人倍率高止まりの広島で、やりがいのあるお仕事、見つけませんか?

hirospo.com/pickup/35819.html

広島で人と企業と地域を繋ぐパールデンブルーム 今田恭生の「カープ&役者魂」twitter(6)~2月はサンフレッチェ広島、3月はカープ応援、…充実した毎日を~

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内