地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 福山大学、第64回全日本大学サッカー選手権大会で宿敵、鹿屋体大と激突!
2015年12月07日
編集部編集部

福山大学、第64回全日本大学サッカー選手権大会で宿敵、鹿屋体大と激突!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
福山大学サッカー部
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

アパマンショップPresents 平成27年度第64回全日本大学サッカー選手権大会(インカレ)が12月8日、開幕する。決勝戦は12月19日、浦和駒場スタジアム。初日は4会場で1回戦8試合が行われる。

四国大学リーグとのプレーオフを制して2年連続でインカレ切符を手にした中国大学リーグの福山大学は8日午前11時から千葉県立柏の葉公園総合総合競技場で7年連続19度目の出場となる九州地区第2代表の鹿屋体育大学と対戦する。

福山大学は昨年8月の総理大臣杯1回戦でも鹿屋体育大学と対戦して0-4(前半0-2)で完敗を喫した。また昨年のインカレ1回戦で慶応大学に0-2で完封負け…。今のメンバーで3度、全国に挑みまだ得点がない。

それだけに今回の鹿屋体育大学戦では「福大の歴史を変える!」と全員が意気込む。相手はアビスパ福岡入団を決めた選手らを中盤に配し、その実力は全国レベルだが、その対策にも万全を喫し、全国1勝へ向け大舞台に挑む。

主力選手にその意気込みを聞いた。

センターバック・越智拓巳選手(3年・大分トリニータU-18)
福山大学サッカー部
リーグ戦終盤で自分もチームも調子を落とし、失点が増えました。特にディフェンスラインに問題があったので、守りと攻めの意識のズレなど修正に努めてきました。2度全国を経験しましたがともに早い時間帯に失点しています。とにかく今回はまず前半ゼロで面白いゲームにしたいですね。1回勝てばみんなも、応援にきてくれるみなさんも、大学も盛り上がると思うのでしっかり戦いたいですね。

右サイドバック・松島圭汰選手(3年・尽誠学園高校)
福山大学サッカー部
相手が格上なのは分かっています。ですからチームとしてはまず守備から。しっかり守って数少ないチャンスをモノにしないといけません。守りがメーンになりそうですが、そこでいかに有効なクロスをあげられるか…。チャレンジャー精神で相手に強く当たっていきたい。個人的には過去2戦とも全国のレベルの前に何もできなかったので今度はチームを引っ張っていきたい。

ボランチ・前原翼選手(3年・盈進高校)
福山大学サッカー部
全国では2度とも早い失点で自分たちのサッカーができませんでした。今度こそ相手の嫌がる守備をして、守りからリズムを作り攻めたい。サンフレッチェ広島方式!ですね。相手のトップ下の3人はJリーガーもいて非常に手ごわいのですが、向こうの自由にさせず向こうのチャンスの芽を摘みます。後半まで0-0で相手が疲れてきたころに1点奪えれば…、頑張ります!

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内