地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > カープファン感謝デー2017で、赤松と菊池が伝えたかったこと…
2017年11月23日
編集部編集部

カープファン感謝デー2017で、赤松と菊池が伝えたかったこと…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダスタジアム ファン感
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

トップ画像はカープファン感謝デー2017

 

カープファン感謝デー2017が11月23日、マツダスタジアムであった。

恒例のキャッチフレーズ発表も行われた。

マツダスタジアム

キャッチフレーズについては、他の記事に詳細を譲る。

風があり、日陰になるとスタンドは冷えた。グラウンドの選手たちも寒そうだった。でも、たくさんの笑顔の花が咲き、子どもたちの歓声も上がった。

マツダスタジアム

選手が2、3人ずつテレビカメラの前でトークする企画もあった。

菊池と赤松、この二人が2ショットで画面に収まった訳は、ファンならずともみんな知っている。

ただ、赤松選手の本当の苦労や、菊池選手の本当の思いは、察することはできてもうかがい知ることは難しい。

締めコメで赤松選手が「来年、しっかり野球できるように頑張りたい」とマイクを通じて元気にファンに語りかけたあと、菊池選手が「来年、マツダスタジアムで赤松さんと…」とすぐに反応して笑顔でこのトークショーを終えた。

赤松選手が緊急会見したのは昨年12月29日。それからすぐに年が明けてすぐにキャンプイン、スタジアム周辺のサクラが咲き開幕、連日スタジアムは大入りとなり、夏が過ぎて連覇を果たし、プレーオフを戦い気がつけば落ち葉が舞い、そしてまた冬がくる。

赤松選手は、またマツダスタジアムに戻ってきた。あとは打席に立つか、投手の動きを注視しながらリードを取るか、外野の守りにつくか、次はそこに帰るために…

菊池選手は、”我々”が思っているよりずっと繊細で、人の痛みが分かる人物だと関係者は口を揃える。

そして、グラウンドから見上げる広島の空も、”我々”が思っているよりもずっと青く、広い。

この日、満員の赤いスタンドに向けてふたりで”約束”したことは、この先、大きな励みになるだろう。

まだ、もうしばらく時間を要するかもしれない。

でも、また同じこの広島の空の下で、ファンの願いがかなう日が、場内アナウンスがその名を告げる日が、きっと来る。

ひろスポ!カープ取材班

ひろスポ!お勧め携帯サイト
カープナインの365日をコラムで17年間、毎日綴る、その数だけドラマもある…
「田辺一球広島魂」
ikkyuu-t.com

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内