地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島県高等学校サッカー新人大会女子の部優勝はAICJ高校女子サッカー部、寛田クリニック理学療法士・武井綾香さんに聞く
2021年02月26日
編集部

広島県高等学校サッカー新人大会女子の部優勝はAICJ高校女子サッカー部、寛田クリニック理学療法士・武井綾香さんに聞く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
飛翔会
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島県高等学校サッカー新人大会女子の部優勝はAICJ高校女子サッカー部

 

令和2年度広島県高等学校サッカー新人大会女子の部、決勝トーナメント(2月13日決勝戦、広島経済大学フットボールパーク)で、AICJ高校女子サッカー部が優勝しました。

 

決勝トーナメント結果

1回戦
廿日市4-1広陵
沼田3-0高陽東
山陽女子学園8-0祇園北
明王台0-0盈進(明王台勝ち上がり)

準々決勝
AIJC20-0廿日市
沼田1-0広島皆実
広島文教16-0山陽女子学園
山陽9-1明王台

準決勝
AIJC11-0山陽
広島文教4-0山陽

決勝
AIJC2-1広島文教

 

スポーツ支援活動でAICJ高校女子サッカー部に帯同している、寛田クリニック理学療法士、武井綾香さんの話。

 

今大会は「選手主体のサッカー」をモットーに1人1人が考えプレーすることを目標に臨みました。 初戦の改善点を選手主体で強化していき、勢いそのままに決勝戦へ。決勝戦では前半に先制されたものの、落ち着いて選手同士が話し合い前半のうちに同点に。そして後半に決勝点をもぎ取り、見事優勝することができました。今大会も大きなけがは無く、無事に大会を終えることが出来たことが何よりでした。自分と向き合い挑戦している選手に心動かされながら、引き続き選手のみなさんにできることは何かを考えながら活動していこうと思います。

 

医療法人社団 飛翔会(飛翔会グループ:寛田クリニック、呉整形外科クリニック、福山整形外科クリニック)

整形外科・内科疾患に限らず、スポーツ障害・外傷までを対象として、診察から検査、リハビリテーションまで一貫したシステムで診療を行っている。また、スポーツ医学の経験を一般治療に活かし、「運動」を用いた予防医療、生活習慣病治療を日々追求し、アスリートに対しては、スポーツ種目やその動作を考慮して、筋力、柔軟性、バランスを含めたコンディショニングも行うなど、早期競技復帰をサポートする。飛翔会グループのスポーツ支援活動は多岐に渡り、プロスポーツ、オリンピック・パラリンピックアスリートから一般のスポーツチーム、 学校のクラブ活動まで様々なスポーツ選手、大会をサポートしている。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内