地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > カープ二軍、すっゴイ!ソフトバンクに3タテ食らわせ首位に急接近
2014年09月11日
編集部

カープ二軍、すっゴイ!ソフトバンクに3タテ食らわせ首位に急接近

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美間と庄司
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

ソフトバンク戦3連勝の打の立役者、美間(左端)

 

ウエスタン・リーグ、山口・由宇練習場であった広島対ソフトバンク戦は7対0で広島が快勝した。このカード3連勝の広島は56勝34敗6分、勝率6割2分2厘として、62勝35敗2分で勝率6割3分9厘の首位ソフトバンクに2・5ゲーム差と急接近した。

広島は残り8試合。ソフトバンクは残り9試合で広島の最終カードは9月22日、23日に由宇練習場であるソフトバンク戦の予定。

 

広島は一時独走態勢に入っていたソフトバンクを相手に意地の3連勝を果たした。

先発の小野は初回の二死三塁を切り抜けると、六回の無死三塁、九回の二死満塁も踏ん張って6安打完封勝利をマークした。

打線は三回、先頭の安部がソフトバンク先発の山田から粘って四球を選ぶと、上本が送って一死二塁。三番・岩本は三遊間をゴロで抜くヒットで一、三塁。ここでエルドレッドが追い込まれながら軽~く中犠飛を放ち先制した。続く五番・栗原は遊ゴロに倒れた。

四回には当たりの出てきた六番・下水流が左翼越え二塁打。すかさず七番・美間が左翼フェンス越えに8号ツーランを放ち200人以上のファンが詰めかけたスタンドを盛り上げた。

3対0のまま迎えた八回は、岩本中前打、エルドレッド四球、代打中村憲の送りバンドは投失を招き無死満塁。土生の中犠飛で加点するとさらに一死二、三塁からまたもや美間が左翼越え9号スリーランを豪快に放ち試合を決めた。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内