地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > DeNAにゲーム差1と迫られた広島、きょう7月6日の中日戦は”失点しない男”大瀬良を立てて必勝態勢
2024年07月06日
編集部

DeNAにゲーム差1と迫られた広島、きょう7月6日の中日戦は”失点しない男”大瀬良を立てて必勝態勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大瀬良
  • 3

    飛翔会

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は大瀬良

中日-広島12回戦(バンテリンドームナゴヤ、7月6日午後2時開始予定)

首位を行く広島、しかしその背後には交流戦の終盤から追撃の手を緩めないDeNAが1ゲーム差に迫ってきた…

ただ、今季ここまで11戦で6度の完封負けを許している中日相手と言えどもきょう6日の対戦は広島が有利…なはず…

きょうのカープはたぶんこうなる…|田辺一球|note の記事より、中日-広島12回戦のみどころを紹介する。(記事内で選手などの呼称は独自のものとなっています)

 

7月6日(バンテリンドームナゴヤ)14時開始予定の中日-広島12回戦のみどころ

予告先発は広島が大瀬良(4勝0敗)、中日が梅津(1勝5敗)

 

阪神・大竹に続いて、高橋宏斗もシーズンを跨いでの天敵と化した。昨季は3度対戦していずれもクオリティースタートされていたが、今季はこれで3試合計23イニングゼロ行進。やられ方もほぼいっしょ。防御率は0・64まで下がり、相手がすごいのは間違いないが、全12球団のうち、3度も封じられているのはカープだけ。あとはすべて1試合ずつの登板で、巨人、ヤクルト、西武、日本ハムはやはり対戦防御率0・00。

 

被本塁打もゼロの右腕だが、ただDeNAと阪神は自責2、ソフトバンクは自責1がついている。1点も取れないのはやばい。

 

バンテリンドームナゴヤの試合が終わるころ、甲子園球場では九回の攻防に入っており、延長十回に佐野が決勝適時打したDeNAに軍配が上がった。九回にはショート小幡が何でもない内野フライを落とす場面もあった。重圧の中、首位への挑戦権を巡る戦い…そしてDeNAが1差に迫ってきた。

 

きょうのバンテリンドームナゴヤは予告先発が大瀬良と梅津。ともに今季、相手打線との対戦が2度目になる。

 

ここまでこのカード11試合で7敗、そのうち完封負け6度、さらにはスコアレスドローが1試合。

 

だが、さすがにきょうは点が取れるだろう。ここ4試合計20イニングで14失点と相手は勝ちから見放されている。4月27日のバンテリンドームナゴヤでは3回2/3でKOした。ただ二回に2ランを放った宇草はいない。

 

大瀬良についてはもう語るまでもない。

 

6月22日のバンテリンドーム ナゴヤでは7回3安打無失点で連続無失点イニングを「29」に伸ばし、先週土曜日の東京ドームで記録は「35回1/3」になった。タイプは異なるが中日打線から見れば大瀬良はカープ打線に投げる高橋宏斗のようなものだろう。

 

きょうの甲子園球場はナイトゲーム。勢いづくDeNAの戦闘意欲を抑えるためにも絶対に負けられない…

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内