地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 速報 > JTサンダーズ、プレミアL開幕戦、痛恨の大逆転…負け…
2014年11月16日
ちゃこ

JTサンダーズ、プレミアL開幕戦、痛恨の大逆転…負け…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

Vプレミアリーグ 開幕しました!

 

今シーズンから、ポイント制が導入されたり、レギュラーシーズンは3レグになるなど、色々と変更がありました。

 

どうであれ、勝ち進むしかありません。

 

我がJTサンダーズは、昨日は開会式のみで試合がなく、今日の「ジェイテクト戦」が開幕戦となりました。

初日も、王者パナソニックが豊田合成に23で敗れるなどの波乱がありました。

 

 

本日の、我がJTサンダーズは、

2520

2517

2225

2527

2224

 

1、2セットを連取していながら、その後3セットを奪われ、なんと!!逆転負け。勝ち点3を取り損ねた上に、勝利も奪われ、勝ち点1に止まりました。

 

第2セット終わって、セットカウント2-0の時は「王者の風格」すら感じたのに。どうしちゃったんでしょうね…。

 

第3セットを接戦の末落とした時、セッター深津がコンビミスというか、誰もいないところにトスを上げる、ということが数回あり、次の第4セットでは交代すると思ったのですが、結局最後まで深津のままでした。監督のこだわりがよく見えませんでした。昨年とは違います。もしかしたら、故障で満足にプレー出来ない選手がいるのかもしれません。

 

WSの八子くんはその手でしょう。

第5セットに小澤くんの前衛でのワンポイントブロッカーで出場しただけで、何もせずに引っ込みました。

 

第1、2セットがすんなり取れたからといって、疲労もあるし、最後までメンバーを変えないというのは…どうだったんでしょう。

MBは、第2セット途中から、安永→中島(新人)に交代しました。さすがに、勝負のかかった第5セットは荷が重かったのか、1-4とリードされたところでベテランの町野に交代。

第5セットは15点先取制ですが、勝負はもつれて20点台になっても決まらず。町野の連続ブロックが出た時に決めきれず、町野が下がってしまって、勝負ついた…という感じでした。 

 

なぜ町野を第4セットから出さなかったのか、深津を第3、4セットのどこかで一回代えてみて、流れを変えることを考えてなかったのか、八子はやはりまだ出場できる状態ではないのか、WSの控えが新人の吉岡では、ガチガチで何にも出来ていなかったが、

そう。今年のJTは、昨シーズン後ベテランが大量に引退し、若手の奮起を待つしかない状態。しかも、全体に層が薄い。相手が、ベテランや若手を効果的に交代要員で出してきていたのに対して、あまりに対照的でした。

 

良かった探しをすれば、勝ち点1はかろうじて取れたのですから。

1-3負け・0-3負けで、勝ち点0で初日を終えたチームもありますから。

手に入れた!と思ったものに「スルリ」と逃げられた落胆は隠せませんが。 

 

愛知県小牧市ということで、相手ジェイテクトの応援がハンパなかったです。 

 

今週の()()は、広島県福山市でのホームゲームです。

応援の力でも負けないように、沢山の声援を送りましょう!

 

福山ローズアリーナに集合!

 

(文責・ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内