地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 軟式野球の崇徳、準決勝敗退、長崎国体
2014年10月16日
編集部

軟式野球の崇徳、準決勝敗退、長崎国体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

長崎国体第5日(10月16日)

高校軟式野球の崇徳(広島)が準決勝で南部(和歌山)と対戦して、一死満塁から始まるタイブレークの十回に2点を失い3-5で敗れた。

1-3のビハインドから八、九回に1点ずつを返す粘りを見せたがあと一歩及ばなかった。

8月の全国高校軟式野球選手権準決勝で、延長50回を戦い決勝進出を譲った中京(岐阜)が準決勝第1試合で敗退。”世界で一番長い夏”のリベンジを誓っていた崇徳ナインにとってはモチベーションの点で難しい試合になり、1対1の六回のピンチで救援した石岡も適時打されて2点を勝ち越された。

石岡は中京戦で延長50回をひとりで投げ抜き、勝ち切れなかった悔しさをバネにこの国体での”打倒中京”にすべてを賭けていた。

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内