地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サンフレッチェ広島の旧広島市民球場跡地スタジアム案に「理解に苦しみます」とした広島県の湯崎知事に広島県民から「おいしい広島県」じゃなくて「おかしい広島県」の声
2016年02月17日
編集部編集部

サンフレッチェ広島の旧広島市民球場跡地スタジアム案に「理解に苦しみます」とした広島県の湯崎知事に広島県民から「おいしい広島県」じゃなくて「おかしい広島県」の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
千葉 旧広島市民球場跡地
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

旧広島市民球場跡地で、この地でのスタジアム建設の有用性を訴えるサンフレッチェ広島、千葉選手。市民、サポーターはすでにその声に賛同している、おかしいのは千葉ちゃんか?いや「おかしい広島県」の方ではないか?

こう考える方が普通のはずだが…

ひろスポ!関連記事

特報!広島の新サッカースタジアム問題、広島みなと公園脱落で残る建設候補地は旧広島市民球場跡地のみ…
hirospo.com/pickup/24916.html

 

広島のサッカースタジアム建設問題で、広島県・湯崎知事、広島市・松井市長、広島商工会議所・深山会頭の3者による「3者会談」の実働組織、広島市、広島県職員らで作業部会が2月16日、「広島みなと公園へスタジアムを建設しても交通渋滞は起きない」という、実態とはかけ離れた結論を広島県土木局、地域政策局など関係する議会委員会に報告した。

すでにひろスポ!で何度も報じているとおり、港湾関係者は「物流を混乱させる懸念」を強く主張し、この報告を止めるためにあらゆる手を尽くしてきた。この日、午後から広島市南区の広島港湾福祉センターでは、広島みなと振興協会、広島県倉庫協会、広島港湾労働協会などが出席して作業部会の報告を聴き、その後は地元放送局らに向けての会見も行われた。港湾関係者の思いはこれまでの経緯を無視する形になった今回の発表について、今後さらにこの問題がクローズアップされる可能性が高い。なぜなら、広島の港は世界と通じ、広島だけの問題では終わらないからだ。

広島の経済を大きく左右するマツダの生命線は「海路」である。そのマツダのサッカースタジアム建設希望地も「旧広島市民球場跡地」であることをここに明言しておく。広島市、広島県などは今、自分たちの首をまさに締めようとしていることになる。それを見て見ぬフリをするなら国交省にもレッドカードだろう。

さらに、今回の動きを受け会見した湯崎知事は当然のことではあるが作業部会の結論を支持して、会見の中

商工会議所と市と県が協議してみなと公園の優位と出ているのに、球団独自でそういった結果を出すことは・・・理解に苦しみますね」

と発言した。

「公園の優位と出ている」わけではない。「公園優位の流れを無理やり作っただけ」のこと。それにはもう市民・県民サポーターもとっくに気づいている。

ひろスポ!に即座に届いたメールには「おかしい広島県」と記されていた。おそらくこのフレーズが大きなうねりになるだろう。

以下、そのメールを紹介する。

 

夕方のNHKニュースでサッカー専用スタジアムの報道をしていました。

市と県の協議の結果、みなと公園の優位性が認められるとありましたが、港湾関係者との意見交換で出てきた意見は「みなと公園ありきで検討をしている。局地的な検討で近隣の商業施設などを加味していない。港湾業務に支障をきたす」という趣旨の意見が出ていました。

そのあと、市民球場跡地について湯崎知事会見の模様が。

質問「サンフレッチェが旧市民球場跡地にサッカー専用スタジアムを建設した場合について検討結果を公表するようですが」

知事「商工会議所と市と県が協議してみなと公園の優位と出ているのに、球団独自でそういった結果を出すことは・・・理解に苦しみますね」

いずれも趣旨ですが、知事は鼻で笑っていました。

失政ばかりやってきた市と県が協議した結果ですから、さぞ大した検討結果なんでしょうが、結論ありきで導く出した回答を、港湾関係者に簡単に見破られる始末。

市内の一等地にあんなでっかい穴(空地)を何年も放っておいて、都市の活性化なんて出来るわけないと思うのは私だけ?

市や県、商工会議所には、森保監督はじめサンフレッチェ側の「サッカーを通して平和都市ヒロシマを世界に発信する」というような、ビジョンも何もあったもんじゃないのでしょう。

鼻で笑った知事の傲慢さにカチンときました。「おしい広島県」じゃなくて「おかしい広島県」ですよね。これじゃあ。

なんだかカープファンやってることが、広島という街をダメにしているような気になり、「なんだかな~」と、モヤっとした気分です。 

長文失礼しました。 

府中町 やっほー

 

 

1月26日午前中にスタートした、ひろスポ!新サッカースタジアム取材班による「市場調査」…

「そんなに言うなら!?市民・県民・サポのみなさんに聞いてみよう!広島の新サッカースタジアム建設場所は宇品か?旧広島市民球場跡地か?」

に連日、さまざまな立場のみなさんから「ジャッジ」が届いています。

この企画は、早期完成が待たれる広島の新サッカースタジアムの建設場所として「宇品か?跡地か?」ふたつにひとつ、を答えていただくものです。

サッカースタジアム建設場所をどこにするか?は、広島スポーツ文化の発展に大きな影響を及ぼすことが予想されるばかりか、広島の「都心力」の未来をも大きく左右する最重要項目です。

この企画の「結果」についての「引用」はフリーです。引用の際にはメールでご一報いただくだけでけっこうです。

現在の「ジャッジ」の結果は次のようになっています。

★市民・県民・サポ「ジャッジ」28 (合計で宇品派0、跡地派26、どちらでもない2、広島在住13(うち広島市8、尾道市2、福山市1)、福岡在住2(うち博多区1)、山口在住2、九州在住1、岡山在住1、名古屋在住1、愛媛県松山市1、住所不明5、都内在住1、米国シカゴ郊外在住1)

広島市担当者らによる既存の「両候補地の比較資料」や市長、知事らの3者会談の話し合いの流れとは正反対の結果になっています。

いったい誰のために、なぜスタジアムを造るのか?エディオンスタジアム広島のアクセスに致命的な問題があるから、広島市民らに気軽に来てもらうスタジアムを造るはずだったのにどうして「宇品」を”残した”のか?あれほどサッカー関係者が反対したのに…。

そう、マツダスタジアムのように、おじいちゃんが孫の手を引き、親子で日本一、世界3位のクラブを応援する、試合観戦の前後は「マチナカ」を楽しみ、試合以外の日は、それこそ今、広島市が懸命に実績作りを続ける「イベント」で賑わう。

そのためにはやはり「旧広島市民球場跡地」での建設を早急に決定し、あとは3本、4本、数本の矢を束ねて一気呵成に東京オリンピックまでに新スタジアム完成!これはちょっと無理か…、いえいえ、マツダスタジアムの建設場所が貨物ヤード跡地に決まったのは2005年夏。着工は2007年11月、供用開始は2009年春でした。

逆に言えば、広島市民球場移転が決まってからもう10年以上も経過していることになります。市民の本音は「さっさと造れ」です。街中では、そんな声をしょっちゅう耳にします。

なお、メールしてきたみなさんは「ジャッジ」とともに「なぜ宇品ではダメなのか?」それぞれの立場でその理由を述べておられます。すべて傾聴に値します。ムダなものはひとつもありません。サッカースタジアムのみにとどまらず、国内ライバル都市に遅れをとる広島市が内包する課題を、みなさん実に的確にとらえていらっしゃいます。

ネット時代の読者のみなさんの視点、文章力、データ集積力などを結集すれば、既存のマスメディア以上の「具体性」「企画力」「説得力」「分析力」「話題性」などを再び読者の方たちに提供することが可能になります。

この企画にご賛同いただけるみなさんの声、引き続きお待ちしています。

「ジャッジ」ご応募される際は、下記の記事をご覧ください。

そんなに言うなら!?市民・県民・サポのみなさんに聞いてみよう!広島の新サッカースタジアム建設場所は宇品か?旧広島市民球場跡地か?
hirospo.com/pickup/25785.html

広島新サッカースタジアム取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内