地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島サッカースタジアム問題の報じ方、「候補地選び越年」と「年越してなお決定は不透明」の違いに潜む深いワケ
2017年01月13日
編集部編集部

広島サッカースタジアム問題の報じ方、「候補地選び越年」と「年越してなお決定は不透明」の違いに潜む深いワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
北九州スタジアム
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

途中からになっているコピーには「夢と感動が、目の前に。」とある。広島では今もって眼の前にあるのは「手つかずの青写真」(日刊廣島)だけである。

 

 

ひろスポ!で1月13日、先に次の記事をアップしたのにはそこに記した以外に別の理由もある。

「広島サッカー場候補地選び越年」の見出しの中国新聞昨年12月の記事で「これまでの経緯と今後の課題を整理した」というけれど…
hirospo.com/pickup/35482.html

それは、市民・県民や関係者が「スタジアム問題に関してなかなか取り上げてくれない」と言い続けるある意味、核心部分について、昨年12月の広島市議会定例議会では複数の議員から”指摘”がなされ、その内容について全国紙、地元紙がスルー”しがち”になのにもかかわらず、日刊廣島の紙面ではしっかりフォローされているからだ。

そこで、今回もまた1月1日発行の日刊廣島の紙面からサッカースタジアム関連記事の一部を引用して紹介する。

記事掲載のタイミングからして、昨年12月28日付の中国新聞のサッカースタジアム関連記事と取材内容は変わらないが、報じている内容は”まるで”違う。

見出しからしてまず言わんとすることに大きな差がある。

中国新聞では「候補地選び越年」となっているが、日刊廣島では「年越してなお決定は不透明」となっている。

さらに中国新聞では「地元との対話優先」となっている見出しに対応する部分が日刊廣島では「何よりも急がれる住民への”青写真”提示」となっている。

ひろスポ!でも1月8日にアップした以下の記事、

(記事一部加筆)広島の新サッカースタジアム建設候補地、基町中央公園を巡る話し合いと、「基町プロジェクト」とスタジアムの整合性に関する考察
hirospo.com/pickup/35356.html

…の中で同様のことを記している。

さらに中国新聞の記事にはまったく出てこない市議会での声が、日刊廣島の方では本文の中に組み込まれ重要な役割を果たしている。

昨年12月の定例会の中からふたりの議員の発言が要約して紹介されている。発言は広島市のホームページで視聴できるが今回も、そのまま日刊廣島の報じたものを引用させてもらう。

石橋竜史議員(安佐南区、自民党・保守クラブ)は「旧広島市民球場跡地と中央公園、及び周辺の扱いは広島の浮沈を握る。市民局は”地元に丁寧に説明しできるだけ早く決定したい”としているが、北九州ではスタジアム建設にあたり百億を設定。スタジアムとサッカーを都市発展の重要なコンテンツに位置づける首尾一貫したコンセプトを持ち、地元や関係者に百数十回も説明、フォーラムなども開催した。広島より検討開始は遅かったが、春には国内で新幹線駅に最も近い場所にサッカースタジアムが誕生する。今後の検討スケジュールは?何年後の完成を目指すのか?仮にスタジアムが中央公園で進むとして、旧広島市民球場跡地の活用はどうなるのか?」

桑田恭子議員(佐伯区、市民改革ネットワーク)は「迷走の始まりは宇品を優位としたこと。中央公園地元住民の状況をどう理解しているのか。中央公園を望む声がどれほどあるのか?まだ決定に時間を要しそうだが、その間、旧広島市民球場跡地は空き地のままにするのか?」

引用部分は以上。

これこそが広島市民の思いを代表した声である。

読者もその”胡散臭さ”にはとっくに気づいているようで、SNSにはそんな報道姿勢を疑問視する声が数多く掲載されている。

例えば次に紹介するこの動画、よくまとめられている。

カピタン閣下は市民球場跡地に関する中国新聞の報道にお怒りのようです
www.youtube.com/watch?v=f55NUG3CLyM

 

なお、今回の日刊廣島の記事は、次のようなまとめ方になっている。

現状、中央公園が建設候補地に挙がってはいるものの、建設される施設の概要や住民の生活への影響、対策などは何ら確定してはいない。

にもかかわらず住民は「とりあえず」反対している格好だ。

スタジアム建設に理解を得るためには、住民への早急な「青写真」の提示が必要なことは言うまでもない。

ところが市民局長の答弁(この部分は割愛)にある通り、市は住民側の疑問や要望、意見を待っている状況。つまりは「青写真」、すなわち中央公園への建設案の策定に関しては、全く手つかずであるということだ。

市や県には進めようという情熱、覚悟があるのかどうか。方向性が定まるのは果たしていつのことになるのか。

 

最後に、ひろスポ!ですでにアップした関連記事を以下、列挙する。

サッカースタジアム問題で広島市、北九州市に続き京都府にもぶっちぎられる…敷地が狭かろうがとにかくまず作る、が京都府の姿勢、広島市にその覚悟はあるか?
hirospo.com/pickup/35356.html

広島のサッカースタジアム問題、年内タイムアップ!「早期実現」は完全に掛け声倒れ!その責任は誰がとるのか?
hirospo.com/pickup/34610.html

吹田市に続いて北九州市も新スタジアム完成間近!北九州市は市民説明会150回、広島市は…?卒業論文引用レポートより
hirospo.com/pickup/33885.html

「球場跡地、サッカー場だけは止めてくれという人がいる」(市当局)広島のサッカースタジアム問題
hirospo.com/pickup/33800.html

広島新サッカースタジアム取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内