地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 「ビジパフォの呪い」から3年…ベイスターズファンの声援と筒香の一発と今永の熱投と…
2017年10月23日
編集部編集部

「ビジパフォの呪い」から3年…ベイスターズファンの声援と筒香の一発と今永の熱投と…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダスタジアム
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

マツダスタジアム、ビジターパフォーマンス、2017年10月23日撮影(トップ画像)

2015年5月16日、マツダスタジアム。この日のDeNA戦では関東、東海、関西のカープファンを貸切新幹線でスタジアムに広島球団が「招待」、カープファンはビジターパフォーマンス席で応援した。

ひろスポ!ではこの一件について何度か関連記事を綴ってきた。「ビジパフォの呪い」という言葉も生まれた。

ひろスポ!関連記事
ビジターパフォーマンスにカープファン約1300人、ベイスターズファンは300人枠、5・16広島球団企画にカープファンから「反省」「落胆」の声…(2015年5月17日掲載)
hirospo.com/pickup/18152.html

黒田博樹も撃沈、ベイスターズファン「広島倒せ!」コール、きょうマツダスタジアムでMAXに…(2015年5月16日掲載)
hirospo.com/pickup/18128.html

マツダスタジアム”締め出し”に対抗、ベイスターズファン「広島倒せ!」で広島サヨナラ負けであえなく3連敗(2015年4月3日掲載)
hirospo.com/carp/16822.html

マツダスタジアムの”赤い”企画やり過ぎ?5月16日のDeNA戦でビジター席も真っ赤に!?(2015年3月10日掲載)
hirospo.com/pickup/15839.html

ところで野村前監督が広島を指揮した2010年から2014年までと、2015年5月16日以降、イコール緒方監督の広島では、レギュラーシーズンの対DeNA戦成績に大きな開きがある。

2010年 15勝9敗、勝率.625
2011年 17勝7敗、勝率.708
2012年 16勝6敗2分け、勝率.727
2013年 13勝11敗、勝率.532
2014年 15勝8敗1分け、勝率.612
・・・・・・・・・・・・・・・・・
2015年 10勝15敗、勝率.420
2016年 13勝12敗、勝率.520
2017年 12勝13敗、勝率.480

セ・リーグ連覇を果たした広島は今季、DeNAだけに負け越した。ただ、マツダスタジアムでは6勝5敗と勝ち越していた。とはいえマツダスタジアムでの今季の広島の勝敗はレギュラーシーズントータルで48勝20敗。DeNAがいかにマツダスタジアムで健闘していたかがわかる。

そしてCSファイナルステージでも、DeNAは昨季1勝しかできずに敗れ去った悔しさをぶつけるように怒涛の3連勝で”その”マツダスタジアムで王手をかけた。

今季、レギュラーシーズン11戦でマツダスタジアムのスタンドに打ち込んだのはウィーランドだけ。そのウィーランドは10月23日のCSファイナル第4戦で初回3失点のあと粘投、打っては1安打2四球。五回に広島先発の薮田から選んだ四球はこの回の3得点に繋がり試合は4対3でDeNAの逆転勝ち。先制すれば勝率100パーセントだった広島対DeNAのCSファイナルの常識をひっくり返した。

この試合、四回に筒香がソロを放って反撃ののろしを上げたが、19日の第2戦でも九回、宮崎がブレイシアからソロを放っており、レギュラーシーズンとは違ってDeNA打線からは効果的な一発も飛び出している。

2016年からDeNAを率いるラミレス監督にとっても2年連続の広島とのCSファイナルは執念を燃やす舞台であり、マツダスタジアムに来てからの采配も次々にハマっている。

そのひとつが第4戦で見せた今永の七回投入と、今永を打席に立たせての八回続投。昨年のCSファイナル第4戦、初回6失点で悔し涙を流した左腕の意地の投球をも引き出すことに成功した。

冷たい風の吹く月曜日のナイトゲーム。ビジパフォには空席が目立ったものの、ベイスターズファンの声援が真っ赤な空間の一角で元気に響いていた。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内