地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 瀬戸内、投手リレー裏目でおかやま山陽に4-7で敗れる、秋季中国地区高校野球準決勝
2017年11月04日
編集部編集部

瀬戸内、投手リレー裏目でおかやま山陽に4-7で敗れる、秋季中国地区高校野球準決勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
瀬戸内
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

準決勝敗退となり3位表彰を受ける瀬戸内ナイン(トップ画像説明)

 

秋季中国地区高校野球大会第4日・準決勝(11月3日、しまなみ球場)

第2試合、瀬戸内(広島3位)とおかやま山陽(岡山3位)が対戦。瀬戸内は三回、3対2と逆転に成功したが四回に4点を失い試合の流れを手放して4対7で敗れた。

おかやま山陽の先発右腕・有本雄大(2年)は球に力があり、129球を投げて完投。

瀬戸内は左腕の山崎誠(2年)を先発させたが立ち上がり球が走らず、先頭打者に四球を与えると送りバントと犠飛で先制点を許した。

続く四番・井元将也(2年)の打ち取った打球もバックのエラーとなり、五番・宮地翔矢(2年)には右越え適時打された。

二、三回はリズムよく投げていた山崎誠だが、3対2と逆転に成功した直後の四回、先頭打者に初球をぶつけて送りバントで一死二塁。ここからエラー気味の内野安打、スクイズで失点すると、一番・小野剛昌(2年)に左前打され3対4と勝ち越された。

ここで瀬戸内ベンチはファーストに入っていた背番号1の浴本一樹(2年)をマウンドへ。しかし、おかやま山陽の攻撃を止めることができず2者連続ヒットに牽制悪送球も絡みさらに2点を追加された。

瀬戸内
ビハインドの展開でグラウドに声をかける長谷川監督

試合後の瀬戸内・長谷川義法監督の話

悔しいというのと、立ち上がりからうちの野球ができませんでした。今までは、守って守ってだったのに、序盤から守りにミスが出て、リズムよくゲームに入れなかった。

山崎が立ち上がりから緊張が見えたので、真ん中でいいから打たしていこうということで、2イニング目からちょっと開き直って投げることができたんですけど、おかやま山陽さんは打力がありますのできちっととらえらていましたので…、あのへんが代え時かと。ちょっと浴本へのスイッチが遅かったかなと思います。

浴本も考えたんですけど、ふたりの間にそんなに差はないので、ここ2、3日山崎の調子も良かったので、山崎で行こうかとなりました。なんとか五回ぐらいまで試合を作ってくれればと。浴本には早いイニングもあるよということで肩も作っていました。

(打線は)いいところに飛んでもきっちり守られてました。守備力の差が出たかなと思います。

(センバツの朗報を待つ立場になり)選ばれたら恥ずかしくないプレーをするためにしっかり準備したいと思います。

瀬戸内
瀬戸内の応援風景

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内