地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 交流戦開幕前、セ・リーグ首位だった広島はついに3位後退
2014年06月17日
編集部

交流戦開幕前、セ・リーグ首位だった広島はついに3位後退

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

試合のなかった広島は楽天とのホームでの2連戦に備えマツダスタジアムで午前中、全体練習を行った。ここまで交流戦20試合を消化して5勝15敗。残り4戦でできる限りの”借金返済”を目指す。

一方、セ・リーグ上位を争う阪神は甲子園で日本ハムと対戦。4時時間半を超える激戦の末、延長十二回、マートンの一打で4対3のサヨナラ勝ちを収めた。

阪神の交流戦連勝は初で貯金3となり、セ・リーグ2位に浮上。交流戦に絵・リーグ首位で”突入”した広島は8日のオリックス戦(マツダ)に敗れて首位から滑り落ち、それから9日後に3位まで後退した。

また東京ドームでは巨人はオリックスに8対0で圧勝。7連勝の巨人は貯金を一気に12とした。

広島は交流戦前にあった貯金12を2まで減らしており、セ・リーグ独走を目論む巨人とのゲーム差は最大の5となった。

なお、広島はオリックスには交流戦4戦全敗、日本ハムにも2戦全敗となっている。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内