地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > マエケン、菅野の投げ合いからブルペン勝負へ、そして引き分け
2014年08月01日
編集部

マエケン、菅野の投げ合いからブルペン勝負へ、そして引き分け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

首位・巨人を3・5差で追う3位・広島の必勝ローテは”痛み分け”に終わった。

広島は先週から「金曜日のマエケン」で固定。先週の阪神戦に続き今夜も上位チームにエースをぶつけ必勝を期した。

試合は初回、巨人先発の菅野を完全にカモにしている丸がライトスタンドに15号ソロを放って先制した。

ところが三回、巨人先頭の寺内の打球をライトの天谷が後逸。無死三塁のピンチを背負った前田健太は続く菅野にツーシームを投げたが、逆に狙い打ちされて三塁線を抜かれ同点に追いつかれた。

さらに五回、前田は先頭の村田に通算300号となるソロをバックスクリーンに運ばれ逆に1点のビハインドに。

しかし六回、田中の犠飛ですぐに2対2同点に追いつき、菅野の二けた勝利がこの時点で先に消えた。

前田は九回、無死二塁のピンチも乗り切り、112球を投げて降板。こちらも9勝のまま足踏みとなり、その後は両軍、投手陣、野手陣を次々につぎ込む総力戦に転じ、延長十二回、2対2引き分けに終わった。

広島は八回の一死三塁で、相手が十分過ぎるほど警戒する中でも石原にセーフティスクイズを命じ、三走の田中が本塁憤死となったのが痛かった。

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内