地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > きょうの甲子園は「17点打線」対「セ界最多奪三振右腕」
2014年09月14日
編集部

きょうの甲子園は「17点打線」対「セ界最多奪三振右腕」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

阪神対広島22回戦(阪神11 勝10敗)午後2時、甲子園、予告先発は、阪神・メッセンジャー(11勝9敗)、広島・九里(2勝5敗)

きのうは17点爆勝、9月に入って1試合平均3点未満だった広島打線を考えれば、野村監督は10点ぐらいはあとにとっておきたい気分だろう。

阪神は2位広島までのゲーム差が3に広がり、自力2位も消滅した。

今朝のスポーツ各紙はもう阪神をけちょんけちょん…。だがあの試合内容では当然だろう。先発した岩貞は2四球絡みで初回に4失点。五回の金田も堂林に先頭打者ホームランを許したあと四球、ヒット、ヒットで3失点。

さらに六回は鳥谷失策のあと、金田がまた堂林にツーランを浴び、七回の筒井はヒットと死球で走者を溜めて、小窪の中前打は伊藤隼後逸でまた失点。さらにさらに八回の6点もまた先頭・堂林の四球から始まり赤松のグリップ打法を筒井がエラー、さらにロサリオ、梵、小窪が初球を痛打したあとは田中がまた初球をライトスタンドへ…。これがもし逆の立場だったら…と背筋が寒くなる。

ところで大炎上の金田は大卒2年目で、岩貞は広島先発の大瀬良と同じく大卒ルーキー。やはり重圧のかかる大一番では経験値の低い投手は計算が難しい。

逆に言えば二けた王手の大瀬良は優勝を争う中でタフな肉体と精神力を合わ持ちよく踏ん張っている、と言えるだろう。ゆえに、きょう甲子園の先発マウンドに上がる九里にもエールを送りたい。

ただ、そういう意味ではやはり巨人は相当、戦力が充実していると言わざるを得ない。大瀬良、九里以外にも中崎、戸田の締めるウェートが高い広島投手陣に対して現在、出場登録されている巨人投手陣の中にはプロ3年目以下はひとりもいない。

その地力をいかんなく発揮する巨人はここにきて杉内、菅野、澤村、内海、小山で5連勝。唯一の泣き所?はきょう、東京ドームで11勝のDeNA井納と投げ合う今季0勝1敗の江柄子ぐらいだ。

阪神、きょうの予告先発はメッセンジャー。8月4試合で3勝無敗と快調に白星を重ねたものの、9月9日の甲子園では巨人打線に打ち込まれて3回8失点KOされている。そこから中4日でどんな投球をするか?

今季の広島打線対メッセンジャーは3度、対戦してメッセの1勝2敗。「17点打線」対「セ界最多奪三振右腕」、メッセンジャーが長くマウンドに止まれば止まるほど、広島が勝つ確率は低くなっていくだろう。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内