地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 1991年、広島の最後のリーグ優勝の立役者、佐々岡真司氏コーチ就任決定
2014年10月27日
編集部編集部

1991年、広島の最後のリーグ優勝の立役者、佐々岡真司氏コーチ就任決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • レッドヘル

広島東洋カープは佐々岡真司氏とコーチ契約を結ぶことを発表した。あす、午後から会見が行われる予定。佐々岡氏のコーチ就任についてはすでに新聞各紙が報じていた。

佐々岡氏は1889年、ドラフト1位で広島へ入団。1年目から13勝17セーブをあげ、2年目の1991年には17勝、防御率2・44で最多勝、最優秀防御率の二冠に輝きチームの優勝に貢献した。

この年の打の中心選手が野村前監督で二人は入れ違いとなり、野村前監督の果たせなかった優勝の夢を佐々岡コーチが引き継ぐ。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内