地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 開幕から8試合でわずか19得点の広島、泣きっ面にハチ、四番グスマン故障リタイア、代役は二軍戦から呼び寄せた盲腸手術明け調整中のロサリオ
2015年04月05日
編集部

開幕から8試合でわずか19得点の広島、泣きっ面にハチ、四番グスマン故障リタイア、代役は二軍戦から呼び寄せた盲腸手術明け調整中のロサリオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロサリオ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

二軍で調整していたロサリオ

 

広島の四番、グスマンが4月5日、ナゴヤドームで試合前練習の最中に左脇腹に違和感を訴え広島に戻った。

グスマンは本塁打ゼロながら開幕から得点シーンには一番絡む存在感を見せていた。

ただ、広島は5連敗中で、昨日も7回3失点、クオリティスタート成功の黒田を見殺しにしたばかり。

ナゴヤ球場でのウエスタン・リーグに出場予定だったロサリオを急きょ、試合開始50分前に呼び寄せたが2月下旬に盲腸の手術を受けており、二軍ではまだスタメン2試合と実戦感覚に不安あり。

開幕前、優勝の呼び声が高った広島だが期待の新井貴浩が右肘を痛め代打に甘んじている中でグスマンまで離脱…。

連敗脱出へ正念場を迎えている。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内