地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 春2強の如水館が高陽東に敗れる波乱、広陵、広島商、崇徳はいずれもコールド勝ちでベスト16、全国高校野球選手権広島大会第6日
2019年07月20日
編集部

春2強の如水館が高陽東に敗れる波乱、広陵、広島商、崇徳はいずれもコールド勝ちでベスト16、全国高校野球選手権広島大会第6日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島商は五日市を破りベスト16に進む(画像説明)

第101回全国高校野球選手権広島大会第6日(7月20日)

2回戦1試合と3回戦7試合が4会場であった。

鶴岡一人記念球場、第1試合は広島新庄が向原に7-0のスコアで七回コールド勝ちした。初戦で26得点を記録した向原打線は桑田孝志郎(3年)、舛迫勇汰(3年)の広島新庄の投手リレーの前に4安打止まり。広島新庄の四番、木村優介(3年)は五回に満塁ランニングホームランを放った。

福山市民球場の第1試合は秋・春とも県大会3位の崇徳が総合技術に7-0で八回コールド勝ちした。昨夏の西日本豪雨で大きな被害を受けた総合技術はこの夏、1、2回戦を二桁得点で突破して勢いづいたが、シード校の壁は厚くわずか4安打に終わった。

福山市民球場の第2試合は広陵が美鈴が丘に11-0で五回コールド勝ち。広陵は1回戦が9-0七回コールド勝ち、2回戦が11-0七回コールド勝ち。得点31、失点0と3連覇を狙う今夏も優勝旗に一番近い位置にいる。

 

尾道しまなみ球場の第2試合では広島商が8-1、七回コールドで五日市を退け4回戦へ勝ち上がった。春の県大会を制した広島商は準決勝で広陵と当たるブロックにいる。内容的にも高いレベルが求められる。

初回の先制点はノーヒットで奪った。二番の北田勇翔(3年)が四球を選び、三番・水岡嶺(3年)の初球で二盗、3球目で三盗を決め、水岡嶺の打球が相手のミスを誘う間に生還した。

五日市は1番をつけた日山知紀(3年)ら計5投手で広島商打線に挑んだが合わせて12四死球と制球に苦しんだ。広島商は三、四、六回に加点したが、死球やエラーで出塁した走者が次々にホームに還ってきた。

そんな中、五日市も意地を見せた。五回に挙げた1点は二番の光井勇人(3年)の右二塁打から。三番で主将の村本翼(3年)が広島商守備陣の意表を突くセカンド前へのプッシュバントを決めて一、三塁として、四番・小石健太(3年)がレフト線に大ファウルを放ったあと、タイミングを調整してきっちりライトに犠飛を上げた。さらに五日市はこのあとも得点圏に走者を送り、しぶとく食い下がった。

広島商
広島商の先発、中岡大河(3年)は6回73球を投げて1失点

 

コカ・コーラボトラーズジャパン広島総合グランド野球場では春の県大会準優勝の如水館が高陽東に敗れる波乱があった。二回、高陽東が3点を先制するとその裏、如水館も3点。四、五回で高陽東が6点を加えると如水館も4点を返して9対7、高陽東のリードは2点。如水館は七回に1点差にまで詰め寄ったが高陽東の主戦・上原誠真(3年)に完投を許した。

昨夏は基町に敗れてベスト16に届かなかった如水館。昨秋の監督交代を巡るゴタゴタのあと大久保学監督を迎え夏の広島制覇を目指したが、守りのミス絡みで1イニング5失点など修正が効かず、2年続けて公立校の壁に跳ね返された。
(ひろスポ!・田辺一球×高校野球取材班)

その他の結果
2回戦
神辺旭9-4因島

3回戦
国際学院9-1吉田(七回コールド)
祇園北4-3油木

新年度年会費キャッシュバック!!
JCBカープカードでこの夏こそ大応援!
JBC
詳しい内容及びお申込みはこちら

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内