地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > カープレッドのサンフレ新アウェイユニフォームでサポーターから久保会長に”直接フリーキック”、久保会長赤の由来を”アシスト”
2019年12月24日
編集部

カープレッドのサンフレ新アウェイユニフォームでサポーターから久保会長に”直接フリーキック”、久保会長赤の由来を”アシスト”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
久保允誉会長
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は、代表取締役社長就任が発表された仙田信吾氏と握手する久保允誉会長(右)

 

サンフレッチェ広島は12月24日、広島市中区のホテルで仙田信吾氏の代表取締役社長就任発表会見を行った。久保允誉会長が同席した。

その中で久保会長が前日(23日)にクラブが発表した、2020シーズンに使用するアウェイユニフォームデザインについて、前日のクラブからのリリースを”アシスト”した。

クラブからのリリースは次のとおり。ユニフォームサプライヤー株式会社ナイキジャパン。

新アウェイユニフォームコンセプトは次のとおり。

夏に向けて、世界中の注目が東京に集まる中、ナイキが、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、浦和レッズの3クラブ史上初となる統一テーマの新アウェイユニフォームを発表しました。

この統一テーマには、スポーツの祭典に向け、スポーツの魅力や楽しさ、感動、そして、幸せや平和の実現をフットボールを通じて、目指すという各クラブの理念が反映さてれています。

 ユニフォームのデザインは、日本の国旗からインスピレーションを得て、各チームオリジナルのレッドとホワイトを採用し、日本から世界に羽ばたく3チームを表現。サンフレッチェ広島は広島東洋カープのチームカラーの赤からインスパイアされたサルサレッドを採用しています。

2020年シーズンに向け、選手たちはホワイトとレッドのアウェイユニフォームで、日本の誇りを胸に新シーズンを戦います。

………

また12月24日付の中国新聞にもこの件で記事が掲載された。

久保允誉会長の話によると、発表されたアウェイユニフォームについて「何だ!というメッセージ」が自身の携帯に「2、3」入ってきたので、「2020年のオリンピックに向けてナイキが提案した」と、送り主の「サポーター」に向け変身したという。

浦和レッズはスポーツレッド、鹿島アントラーズはディープレッド。

久保会長は「どうして私のところに直接メールが…」と言いながらも、次のように説明した。

「それで広島はどうしようかと、サッカーと野球チームが一県にあることを、やっぱりアピールしたいということで、カープの力も少し借りながらアピールしていきたいと、サポーターに送りました。2020年はオリンピック、そこをみんなで盛り上げようと、そこを理解してくださいとメールを返しておきました」

「国旗の赤と白をベースにして、という提案があるのだけどどうだろうか?盛り上げて欲しいとナイキさんからあったものですからね。で、我々も乗りましょう!と。世界の祭典ですからね。その中で赤のトランクスはカープと同じ色でいきましょうとなりました。2021年はまた紫に戻します…」

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内