地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 琉球ゴールデンキングス戦、トーマス・ケネディが残り4秒で逆転3ポイント、しかし無情のブザービーターで広島ドラゴンフライズ3連勝ならず
2020年10月28日
編集部

琉球ゴールデンキングス戦、トーマス・ケネディが残り4秒で逆転3ポイント、しかし無情のブザービーターで広島ドラゴンフライズ3連勝ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フライガールズ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はフライガールズ

 

B1第6節(10月28日)
広島ドラゴンフライズ 72-74 琉球ゴールデンキングス
1Q:20-15
2Q:18-21
3Q:18-18
4Q:16-20
会場:サンプラザホール広島
観衆:1,691
おりづる賞:田渡凌

【スターター】
広島:ジャマリ・トレイラー、岡本飛竜、アイザイア・マーフィー、グレゴリー・エチェニケ、田中成也
琉球:並里成、田代直希、満原優樹、ジャック・クーリー、牧隼利

 【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
グレゴリー・エチェニケ17
ジャマリ・トレイラー 13
アイザイア・マーフィー13
トーマス・ケネディ11
◆リバウンド
グレゴリー・エチェニケ16 リバウンド
◆アシスト
田渡凌6アシスト

 

琉球ゴールデンキングス
◆得点
並里成17
今村佳太13
岸本隆一10点
 ジャック・クーリー10
◆リバウンド
ジャック・クーリー10リバウンド
◆アシスト
並里成4アシスト

 

広島ドラゴンフライズは第1クォーター、#13エバンスを欠く琉球のインサイドを突き、ジャマリ・トレーラーらのローポストからの攻撃を中心にリズムを作って序盤で15-6のリードを奪うクォーター後半、20-11としたところから2本のターンオーバーで4点を失い、20-15で終了。 

第2クォーター。アウトサイドを攻め始めた琉球ゴールデンキングスのシュートが決まり始め追い上げられる。が、朝山正悟の2本のスリーポイントなどで突き放す。拮抗した展開の中、38-36、2点リードで前半終了。

第3クォーター。広島ドラゴンフライズは前半同様にインサイドを突くもシュートを決めきれず、並里成にドライブから展開されて逆転を許す。それでもグレゴリー・エチェニケ、田渡凌らがファウルを誘ってフリースローを獲得して粘り、アイザイア・マーフィースリーポイントで追いつくと、トーマス・ケネディがランニングシュートを決め、2点リードで終了…

第4クォーター。一進一退の攻防が続く。69-69の同点から残り分を切ったところで並里成にシュートを決められて2点のビハインドに。直後にはスティールした琉球ゴールデンキングスがファウルを受けるもフリースローを本外す。点差となって残り4秒、トーマス・ケネディが遠目からのスリーポイントを沈めたが、ここでも並里成。ブザービーターとなるジャンプシュートが決まって広島ドラゴンフライズの掌から貴重な1勝がこぼれた。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内