地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 森翔平、右打者に手痛い一発打たれ過ぎ、巨人浅野にも1号2ラン献上、栗林、ターリー、島内、矢崎の頼みの”ディフェンス”陣も総崩れ
2023年08月18日
編集部

森翔平、右打者に手痛い一発打たれ過ぎ、巨人浅野にも1号2ラン献上、栗林、ターリー、島内、矢崎の頼みの”ディフェンス”陣も総崩れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    飛翔会

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は森翔平

※この記事内で選手などの呼称は独自のものとなっています。

8月18日(マツダスタジアム)広島-巨人19回戦

巨人 000 020 021・5
広島 003 000 100・4

 

首位阪神相手に2勝1敗、しかも前日17日の第3戦は床田完封による6対0快勝!

 

この勢いを生かしたかった広島はしかし先発の森翔平が五回、浅野にプロ1号となる2ランを献上して雲行きが怪しくなり、4対2で迎えた八回の島内が同点に追い付かれた。

 

広島の必殺勝ちパターンは失点は3点以内の僅少差ゲームというもの。守りを固めてカウターで勝利を重ねてきたが頼みのディフェンス陣(ブルペン陣)の乱れが目立ち始めており、九回の矢崎も岡本和真に決勝打を許した。

 

岡本和真は8月すでに10本塁打を放っているが、そのうち3発は8月6日のマツダスタジアムで放ったもの。(当チャンネルではそれを”ピースナイター過度な演出の呪い”と呼んでいる)

 

やはり極端なげゲームはこうした形で尾を引くもの。戸郷を立てた巨人に負けをつけるはずが広島にとっては痛すぎる逆転負けとなった。

以下、コイ即便|田辺一球|note より、試合の模様を流用する。(記事内容は”速報値”)

 

広島スタメンときょうの留意点↓

一番上本はハムストリングス痛めて離脱、また菊池に戻った、7月の戸郷との対戦はベンチでした

二番にライト野間、同じく左直、三邪飛、一邪飛で音無しもつなぐ役目なら…

三番に繰り上げレフト龍馬、戸郷とは今季初対戦

四番松山、戸郷相手に前回も四番、左飛、遊ゴロ、適時内野安打

五番キャッチャー坂倉、同じく詰まりながらの右前打、左邪飛、二ゴロ

六番サードマット、阪神戦初戦で柵越えしたら2、3戦目さっぱり、でもスタメン、田中広輔かと思ったんですが…

七番ショート矢野、やっぱり「オレの出番」か!そうその意気、その意気

八番センター大盛、打撃スタイル替えて柔らかさ出てきた、前回戸郷から2打席連続三振のあと左中間二塁打

九番ピッチャー森翔平、ブリンソン、坂本、岡本和真、中田翔、浅野をどう抑えるかっていっっぱいあり過ぎ…

巨人
センターブリンソン
セカンド吉川
ショート坂本
ファースト岡本和真
レフト秋広
ファースト中田翔
ライト浅野
キャッチャー岸田
ピッチャー戸郷

1回表
ブリンソン…ボール、ファウル、ファウル、抜けた変化球空振り三振

吉川…2-2から膝の高さバウンドしながらセンター前へ

坂本…初球143キロ中飛、危ない1球坂本打ち損じ

8・6ピースナイター3発の岡本和真…144キロストライク、カッター左にファウル、インハイ140キロファウル、ワンバン、外チェンジアップ完全にボールで2-2から高々と中飛

1回ウラ
菊池…3球目外スラにヘッドぶつけただけ左飛

野間…2-1まで見て左邪飛、戸郷の時はなぜかみんな邪飛(ファウルフライ)が多い、なんで?

三番に龍馬…ワンバン、外スラストライク、沈む球ボール、低目真っすぐファウルで2-2、147キロ左飛、戸郷はたぶん8割くらいの力加減、今季すでに3完投、ひとりで決着つけたいのだろう

2回表
秋広…初球カッターぐんぐん伸びてセンターフェンスラバーと網の間くらいダイレクト二塁打

中田翔…チェンジアップストライク、チェンジアップアウトロー空振り、アウトロー抜いた球遊ゴロ、秋広そのまま

浅野…131キロストライク、膝下チェンジアップ空振りで2ストライク、低目146キロボール、低目レフト線ぎりぎりファウル浅野抜いた球をうまく拾ってきた、5球目一ゴロ、浅野意図ある右打ちした、二死三塁

岸田…変化球の頭叩いた投ゴロ

2回ウラ
四番松山…1-1から強い一ゴロ

坂倉…初球右に強いファウル、高目ファウルで2ストライク、ボール、インハイファウル、ワンバン、ここは互いに譲らぬ勝負、外148キロわずかにボール、7球目スライダー右飛

また髭きれいに剃りましたマット…スライダーボール、146キロファウル、また真っすぐファウル、外スラ岸田ストライクと見て立ち上がったがボール、149キロものすごい振り遅れの空振り三振…

3回表
戸郷…空振り三振

ブリンソン…初球膝の高さの120キロレフトへウォーニングゾーンで龍馬キャッチ

吉川…2-1からセンターライナー

3回ウラ
「俺の出番」矢野…2-1まで見てインローをファウル、インロー148キロ詰まりながらセンター左に落とした、きょうも矢野100点発進!

大盛…146キロボール球空振り、一塁線ファウルで2ストライク、3球目平凡な中飛

森翔平…早い牽制球、送りバント成功、バントはほとんど転がらないが結果オーライ

二死二塁で菊池…インスラストライク、146キロ叩いてバウンドがサード頭上越えた、先制タイムリー、矢野のヒットが効いた
C1ー0G

野間…1、2球ストライク、さすがは戸郷、3球目ボールで菊池ディレードスチール成功、ワンバンで2-2、高目ボール球打って外野フライ…だったがレフトとセンターまともに交錯、センターブリンソンのグラブに入る直前にでかい秋広がぶつかった、菊池生還、秋広のエラー
C2-0G

二死二塁で龍馬…2-2からインロースライダーを龍馬打ち!ライト前に落ちて野間生還
C3-0G

松山…ストライクとファウルで2ナッシグ、さすがの戸郷も投げ急いでいる、149キロボール、ファウル、149キロ左飛

4回表
坂本…1-1から右中間真ん中への打球、野間最後グラブ伸ばしてぎりぎりキャッチナイスプレー、森翔平片っ端から外野に飛ばされているが好守に助けられている

岡本和真…3-1から左飛、一瞬ホームランかというスイング

秋広…1ボールから内角142キロストライク、内角143キロファウル、また内角ファウル、外ワンバン空振り三振、森翔平課題の2回り目をよく抑えている
C3-0G

4回ウラ
坂倉…2ボールからファウル、空振り、ファウル、6球目アウトロー127キロ見逃し三振いっぱいいっぱい

マット…1、2球ファウルのあとのフォーク空振り三振、赤子のような扱いになっている

矢野…146キロストライク、148キロファウル、外128キロハーフスイング三振…戸郷怒り?の本気モード…3三振
C3-0G

5回表
中田翔…初球詰まった打球左中間抜けて二塁打

浅野…初球左へファウル、2球目レフトコンコースへ大きな放物線、プロ初ホームラン、瀬戸内海超えて四国まで飛びそう(地形上は逆方向ですが…)
C3ー2G

岸田…森翔平力み出てワンバンが主審の耳に命中、荒れ模様、試合再開、ファウル、またファウル、またファウル、8球目二ゴロ

たぶん完全に生き返った戸郷…初球遊ゴロを矢野高投エラー100点が30点に…

ブリンソン…2-1から右中間真っ二つ、完璧捉えられている、一死二、三塁

吉川…初球顔の前で吉川ひっくり返る、外カッター空振り、インハイ真っすぐファウルで1-2、外のワンバン空振り三振

さあ、坂本を抑えることができるか…インロー144キロストライクナイスボール、さらに内角ボール、外チェンジアップボール…甘目のチェンジアップファウルで2-2、ワンバン空振り三振!しかし森翔平はそろそろ対策しないと、これで今季6発被弾、全部右打者

5回ウラ
大盛…2-2大盛なかなか打つ球がない、5球目二ゴロ

森翔平は今回も5回まで、同じことの繰り返し…代打中村奨成…カーブストライク、外ワンバン、絶対振っちゃダメな外ボール空振り、真っすぐファウル、変化球当たり損ねがセーフティバントのようになってサード内野安打

菊池…2-1まで見た、牽制球、4球目溜めてうまく打ったがレフト正面

野間…1ストライク、ここで戸郷は岸田に中村奨成の足警戒を送る、クレバーさが滲む、3球目またボテボテ三ゴロ内野安打

二死一、二塁で龍馬…ここはNPB最高度の勝負だ、初球ストライクを取ってきた127キロ低目、アウトハイボール146キロ、インロー落ちる球ボール、内角完全にボール、さすがの戸郷も勝負しづらい、アウトハイいっぱいストライクで振らないままフルカウント、6球目インロー膝下をロブショット!セカンド後方…へは行かない、二飛で3アウト
C3-2G

6回表
床田完封はこの展開を予想したものでもあった…まずは栗林

岡本和真…初球低目151キロセンターフライ、これで岡本和真は外飛3つ

秋広…140キロ余り変化しないがストライク、カーブストライクで2ナッシング、内角153キロファウル、外140キロボールだが変化しないので坂倉落球、変化球ボールで2-2、内角152キロボールでフルカウント、7球目投げた瞬間ボール154キロ出ていたが球筋バラつき気味

中田翔…カーブ空振り、ワンバンフォーク空振りで2ナッシング、曲がり球投げたら中田翔もロブショット…ショート矢野めいっぱい伸びるがその頭上越えてヒット…一塁代走門脇

ここで浅野の代打で丸…初球ワンバン、2球目4・6・3ゲッツー菊池と矢野のコンビネーションが抜群過ぎる…
C3ー2G

6回ウラ
松山…2ボールから三飛

坂倉…1ボールから二ゴロ

マット…1ボールから遊飛、ちょっと簡単にアウト3つ与え過ぎ
C3-2G

7回表
ターリーにスイッチ

岸田…ストライクとファウルとボールからショート頭上、左中間二塁打

戸郷の代打長野…2-2まで長野振ってこない、内角154キロファウル、アウトハイ155キロボールでフルカウントになった、130キロスライダー空振り三振!長野めっちゃ悔い残る振り方

ブリンソン…初球チェンジアップレフトライナー…危なかった

吉川…1-2から変化球投げたらレフト前に落ちた、岸田ホームへ突っ込むが龍馬のバックホームでタッチアウト!巨人が代走使わなかったので助かった
C3-2G

7回ウラ
戸郷に11勝がつかず、二番手今村

矢野…フルカウントまで見て、四球ナイス

大盛…初球ナイスバント

一死二塁で代打堂林

巨人は船迫にスイッチ

一死二塁で堂林…初球大きく外にブレーてミット弾く、バッテリーエラーで一死三塁、次の球ショート頭上見事なタイムリー、堂林のバット軌道が最近素晴らしく良い!代走羽月
C4ー2G

菊池…まず牽制球、初球羽月スタートもアウト、新井監督リクエスト→ビデオ検証もアウト、菊池は空振り三振

8回表
島内vs巨人クリーアップ

坂本…チェンジアップボール、真っすぐ2つボール、148キロストライク、150キロボールで四球、非常に危険なパターン

岡本和真…初球レフト線ぎりぎり強烈ライナーフェア…

あっという間に大ピンチ無死一、二塁で秋広…初球ピッチャーライナー島内しゃがみながらグラブ出すが弾いた…強襲タイムリー
C4ー3G

なお無死一、三塁で門脇…1ボールからの高目センター前同点タイムリー、戸郷の負けと森翔平の勝ち消える、島内ぜんぜn球威がない
C4ー4G

無死一、二塁で丸…チェンジアップで1-1からの真っ直ぐストライク、高目真っすぐ空振り三振!バントなしで助かった

一死一、二塁で代打大城…5球目投げた瞬間ボールでフルカウント、チェンジアップファウル、またチェンジアップファウル高目に浮いている、ここで島内首振りまくり、大城タイム、8球目のセットに入ってチェンジアップ投げた低目に入って右飛

二死一、二塁で代打梶谷…アウトハイ148キロ空振りちょっと走り出した、低目チェンジアップゴロ右前打…二死満塁

ブリンソン…インハイ147キロファウル、高目150キロ空振り、149キロファウル、低目チェンジアップブリンソンバットぎりぎり止めた1ー2、チェンジアップ空振り三振!島内28球、試合は振り出し

8回ウラ
巨人は緊急補強のバルドナードと大城のバッテリー、カープに緊急補強の文字なし

野間…フルカウントまで見て、得意のレフト前ヒット!

龍馬…バントはストライク、バントの構えになった2球目ナイスバント、万能龍馬

一死二塁で松山…132キロストライク、ワンバン空振りで2ナッシング、低目を拾う打球…右飛、野間なんでタッチアップしない、またボーンへッド

坂倉…3-1からナイス右前打、しかし野間サードストップ、ボーンヘッドがモロ響いた、大事な試合で守っても(阪神戦)走ってもミス、掌底打もの?

巨人は菊地にスイッチ

そしてマットの代打小園、二死一、三塁…初球縦スラ空振り、148キロ軽くミートしたがレフト正面…3アウト
C4ー4G

9回表
矢崎vs上位打線

吉川…1-1から渇いた打球音、右中間ど真ん中、三塁打になった、栗林以下ブルペン陣危機の連続…

途中出場の中山、坂本はハムストリングス痛めた模様…初球あわや死球ボール、ワンバンで2ボール、148キロ三邪飛

岡本和真…インロー148キロボール、150キロ低目ボール、あまり落ちないフォークファウル、内角いっぱい149キロストライクで2-2、インハイボールでフルカウントになった、ここで坂倉がセットをほどかせた、大勝負…フォークファウルあまり落ちない、フォーク満振りセンターオーバー二塁打、とうとうひっくり返された、うわべのピースナイターの呪い…
C4ー5G

なお一死二塁で秋広…ファウルとストライクで2ナッシング、ファウル、ボール、真っすぐ左飛でツーアウト

門脇…二ゴロで3アウト

9回ウラ
巨人は中川

矢野…ストライクとファウルで2ナッシング真っすぐに押された、ボール、4球目三ゴロ

大盛の代打末包…ファウル、アウトロー147キロボール、低目いっぱい真っすぐストライクで1-2から遊ゴロ、大事な場面で打球上がらず

代打田中広輔…145キロストライク、ライト線ファウル惜しい当たり、外145キロボール、内角スライダーボールで2-2、145キロファウル、アウトロー145キロストライクでゲームセット…余りに痛い逆転負け、戸郷に負けをつけるはずだったのに…ブルペン陣総崩れの気配がやばい…
C4ー5Gだが4ー2、最悪4-3で勝たないと…

 

以下、試合前にアップした、きょうのカープはたぶんこうなる…田辺一球note より

 

予告先発は広島が森翔平(4勝2敗)、巨人が戸郷(10勝3敗)

矢野の名言集もできるかもしれない?

「やっとオレの出番が来たなぁと思って…」

その意気込みやよし!そうでなければプロでやってる意味はない。

注目すべきは矢野の打撃内容。7月は打席に立つ機会が4度しかなくて4打数2安打。

それが8月は15の4で打率・267。さらに4四球で出塁率は・400。打席数が少ないがこの数字を目指して試合に出続けることでレギュラー、イコール毎日が「オレの出番」となる。

負傷交代した小園、上本の状況にもよるが、控えメンバーはみんなそう。「オレの出番」に備えてこそ、新井一家の基本中の基本…

その心意気で戸郷をどう攻略するか?昨夜10勝で戸郷に並んだ床田のためにも、絶対に勝たせてはいけない相手。

球宴以降の戸郷は…

7月27日の阪神戦、7回9安打5失点で勝ち投手
8月3日のヤクルト戦、9回1失点完投勝利、5安打10三振
8月10日の阪神戦、6回2/3、6安打7三振3失点で負け投手

4月5月に3勝ずつのあと、6月2勝、7月1勝。ペースダウンを余儀なくされており、強い気持ちで今季初となるマツダスタジアムのマウンドに上がるだろう。

今季対戦は7月13日の東京ドームのみ。7回7安打無四球1失点だった。

1点は四番松山の内野安打によるもので野間や小園は完全に封じられた。だが戸郷の対戦打率は右の・181に対して左は・280。どんな打線できょうは臨むか?

森翔平は9日の神宮球場で4回6安打、北村満塁弾などで8失点。今季、積み重ねてきたものは一度ニュートラルになった。

…なのでまさに投げてみないと分からない状態。ブルペン陣スタンバイ!

巨人打線とは6月25日のマツダスタジアムで一軍昇格後、最初の先発で対戦。5回6安打2失点だったがこれは参考記録だろう。

この時2打数1安打(右中間二塁打)だった岡本和真は、8月14試合で10ホーマー。坂本も8月はOPSが・1000を超えている。8月10試合で3発の長野もいる。ブリンソンもこのところよく振れている。

森翔平は右打者の対戦打率が・347と極端に悪い。被本塁打5本もヤクルト・オスナの2発などみな右打者。この課題をどう克服するか?

8・6ピースナイター13対0爆勝の原巨人vs森翔平、ちと荷が重い気もするが果たして…

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内