地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島、敵失の1点止まりで1対3完敗、阪神ゲーム差1急追で2位の座もピンチ(7月8日)
2014年07月08日
編集部

広島、敵失の1点止まりで1対3完敗、阪神ゲーム差1急追で2位の座もピンチ(7月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

交流戦期間中に首位の座を巨人に明け渡した広島だが、今度は2位の座も危うくなってきた。

大事な9連戦初戦に大瀬良を立て臨んだ阪神との9回戦。しかし阪神・先発の岩田を攻略しきれずに三回、敵失で1点を奪うのが精いっぱい。

一方、四回に梅野に5号ソロを運ばれて二回から3イニング連続失点となった大瀬良は、さらに大和の打球を右手人差し指に当てて3回と3分の2で降板と踏んだり蹴ったり。

さらに、さらに八回には、釣り球に手を出し三振したエルドレッドがその勢いでヘルメットをグラウンドに投げつけた際に、指のあたりをおかしくした模様で、その裏の守備にはつかずじまい…。

日本列島に向かって北上を続ける台風と同様に広島ベンチに渦巻く風雲も急を告げている…、模様…。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内