地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > ロストフ・ナ・ドヌーからの風、東京経由でカタールへ…ベルギー戦後半アディショナルタイム、西野監督、森保コーチとブルー・サムライ「小さな奇跡」の終わりに
2018年07月03日
編集部編集部

ロストフ・ナ・ドヌーからの風、東京経由でカタールへ…ベルギー戦後半アディショナルタイム、西野監督、森保コーチとブルー・サムライ「小さな奇跡」の終わりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ベルギー
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

トップ画像はひろスポ!ベルギー取材班撮影、ベルギーのアントワープにある聖母大聖堂

 

青き炎が、突然終わりを告げた。

ロストフ・ナ・ドヌー、アディショナルタイムのピッチを縦に切り裂いたレッド・デビルズ。そのあとに巻き起こった悪夢のような疾風によって…

 

前半を0-0で折り返し、後半3分と7分に、原口元気さらには乾貴士の一撃が悪魔の心臓部へ…

ブルー・サムライの底力、そう信じたのは間違いだったのか。

後半20分、ベルギーは194センチのマルアン・フェライニと、日本戦で実績のあるナセル・シャドリを投入した。

その4分後、ベルギーのCK。GK川島永嗣が跳ね返したボールをつながれ、そして189センチのヤン・フェルトンゲンへ。そこからW杯最長距離のヘディングシュートが放物線を描き懸命に追いすがる川島永嗣の頭上越えて行った。

1点差。

その5分後。またしても相手CKからの二次攻撃をまともに受け、中央のマルアン・フェライニが、長谷部誠の上から高い打点でジャストミート。瞬く間に追いつかれた。

 

後半36分、西野朗監督の決断は、原口元気に代えて本田圭佑。そして1点目をアシストした柴崎岳に代えて山口蛍。

日本が初の8強へ進むための正念場。延長か、それとも勝ち越せるチャンスがあるのか。アディショナルタイム表示は4分。

攻める日本は本田圭佑が左CKからゴール前に蹴りこむ。さらには正面30数メートルから無回転シュート…

だが世界の壁は高く厚い。199センチのGKティボー・クルトアが必死のスーパーセーブで日本の前に立ちはだかる。

やがてまた、あの時と同じように、最後のCKが、しかも今度は日本のCKが、受け入れ難いエンディングに日本中を引きずり込んでいく。

守るベルギー。本田圭佑のコーナーキックをティボー・クルトアがキャッチ。時間は48分36秒。次の瞬間、左右に首を振りながらの右アンダーハンドパスで繰り出されたボールは、天国と地獄の境界線上を転がりながら、加速し始めた2つのレッド・デビルの影の右側へ…

ブルー・サムライの影はそれよりコンマ何秒か遅れてピッチを蹴った。残りの青い影も一斉に動く。赤い影はそのまま日本のゴールへ迫る。その前にはGK川島永嗣だけ。チーム最年少の昌子源がそのあとを一直線に追いかける。相手は右への縦パスで仕上げに入る…

そこからゴール前へのグラウンダーのクロス。ゴール中央には一番危険な存在、ロメル・ルカク。すかさず長谷川誠が潰しにかかったがスルーされ、そこにフリーで詰めてきたナセル・シャドリ…

昌子源が決死のスライディングで追いすがる、その左足が伸びる…が、その先で放たれた一撃は「後半45分+4分の決勝弾」となり、ぶつかるようにしてその場に沈みこんだ昌子源と川島永嗣のそばに転がった。

ほどなくホイッスルが響きブルー・サムライのロシアが終わった。インタビューに呼ばれた長谷部誠はインタビュアーの「ほんとうに惜しい試合でした。今どんな思いですか?」の問いかけに「まあ、ちょっと整理する、時間が必要だと思います」と声を絞り出すのがやっとだった。

西野朗監督もそうだ。「試合後どんなことを考えながらピッチを見つめていたんでしょうか」と聞かれ「うーん、まあ、ワールドカップの…、怖いところでしょうか」と絶望を包み隠したかのように少し苦笑いで堪えた。そして「追い詰めましたけど、やっぱり何か足りないんでしょうね、やっぱり」と続けた。

さらに、2点目が入ってからのゲームプランについては…

「後半ですか?」と聞き返し「2点入ってから…」と再度聞かれると「その後もオフェンシブには戦えていたので…、まあ、メンバーの切り方もディフェンシブな形がとれたかもしれませんけど、3点目を取れるチャンスがありましたし…」と説明。そして「そのまま走りましたけど、本気のベルギーがそこにありました」とも言った。

また「世界との差」について聞かれると、遠くを見つめるような目で「全てだと思いますけど、でもわずかだとは思います」と答えた。

ドーハからマイアミへ、そしてサランスクに吹く風と、西野監督と森保コーチ…

「小さな奇跡を起こしたい」

そんな大きな決意を胸にロシアの地に乗り込んだ西野朗監督と日本代表23人は、世界の頂を見上げることのできるところまでその歩みを進め「我々にも勝機がピッチのどこかに落ちている」(同監督)との思いで、ベルギー戦に臨んだ。

そのラストシーンは西野監督自身が誰も予想できなかったという「スーパーカウンター」だった。

そのあとに残された青き炎の火種と財産を、大切に日本へと持ち帰り、次はどんな形で燃え上がらせるのか?

2020東京、その2年後には、またカタール。

日本サッカーの未来を懸けた、終わりなき戦いは、大きなものを背負うその人の手によって、また振り出しの地、砂漠の街へと戻っていく。

広島スポーツ100年取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内