地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > アジア大会に向けサッカーU-21日本代表メンバー発表、森保監督の古巣サンフレッチェ広島からはMF松本泰志が代表入り
2018年08月03日
編集部編集部

アジア大会に向けサッカーU-21日本代表メンバー発表、森保監督の古巣サンフレッチェ広島からはMF松本泰志が代表入り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
松本泰志
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

青山敏弘(中央)と笑顔でアップする松本泰志(トップ画像)

日本サッカー協会は8月3日、第18回アジア競技大会(2018/ジャカルタ・パレンバン)に臨むU-21日本代表のメンバー20人を発表、森保一監督が記者会見に臨んだ。

森保監督はメディアで大きく取り上げられているOA枠について「次の大会からでも呼びたい、融合は早い方がいい」と話し、先のW杯ロシア大会の”風”を”いっしょに東京まで持ち込んでくれる経験者たち”に期待を寄せた。

一方、森保監督は、古巣のサンフレッチェ広島からはただひとり、MF松本泰志を招集した。

8月22日で二十歳になる若武者は、J1首位を行くサンフレッチェ広島の中にあっても成長著しい。第7節、4月11日の横浜F・マリノス戦でリーグ戦初スタメン出場を果たし、それ以降もサブメンバーとしてベンチ入りを続けている。また5月、6月に開催されたトゥーロン国際大会ではボランチとして3試合に出場して代表としての存在感をアピールした。

松本泰志選手のコメント

U-21日本代表に選出されて嬉しく思います。難しいアジアの大会となりますが、まずは自分のベストを尽くしてチームの優勝に貢献したいと思います。また、個人的にも活躍すれば東京五輪代表にも近付くと思いますので、しっかりアピールできるように頑張ります。応援をよろしくお願いします。

なお大会は8月14日から9月1日(決勝)まで開催され、26ヵ国・地域が6組に分かれて予選リーグを行い、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。日本の初戦は14日のネパール代表戦。

ひろスポ!関連記事

横内昭展監督代行率いるU-21代表に、サンフレッチェ広島から松本泰志が追加招集(2018年5月21日掲載)
hirospo.com/pickup/47418.html

ハリルホジッチ監督解任で早期実現…将来の森保ジャパンへの布石、東京五輪・森保一監督が日本代表・西野監督補佐役へ(2018年4月11日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内