地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 新庄、鳥取城北に1-2で惜敗、初優勝逃す、高校野球春季中国大会
2017年06月05日
編集部編集部

新庄、鳥取城北に1-2で惜敗、初優勝逃す、高校野球春季中国大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

高校野球の春季中国大会の決勝が6月5日、島根県の松江市営野球場であった。

勝てばともに初優勝となる新庄(広島1位)と鳥取城北(鳥取1位)が対戦。結果は2対1で鳥取城北に軍配が上がった。

新庄は初回に頼みの左腕エース、有村が初回に1点を失うと二回、二死二、三塁のピンチを招きここで降板。その後は二番手の竹辺が3試合連続の救援でよく踏ん張ったが1対1同点の六回、先頭の瀬戸に右越えソロを許しこれが決勝点となった。

この日は12安打を放ちながら攻撃に繋がりを欠き、得点は石井主将のソロホームランのみ。2015年、2016年に続く3年連続の夏の甲子園を目指す新庄にとっては、重圧のかかる舞台でどう攻めるか、課題の残る一戦となった。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内