地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 広島サッカーの歴史を紡ぐ両チーム、天皇杯広島県代表をかけきょう激突(6月29日)
2014年06月29日
編集部編集部

広島サッカーの歴史を紡ぐ両チーム、天皇杯広島県代表をかけきょう激突(6月29日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

2014全広島サッカー選手権大会決勝トーナメント決勝がきょう広島市安佐南区の広島広域公園第一球技場である。

決勝はSRC広島と広島大学で争われる。

SRC広島は1950年代に学校教員のクラブとして設立された。

同チームのHPにはその沿革について次のように記してある。
www.src-hiroshima.com/about.php

「(創設)当時はサッカーに関する情報が圧倒的に少なかったため、このクラブはプレーする場としてだけでなく、指導レベル向上のため各教員が情報を持ち寄り情報交換する場として活動していました。これにより小中高校での指導レベルがあがり、その教え子が関東や関西の強豪大学や全国の実業団に進み、1960年代にはさまざまなチームで中核となり、さらには1968年メキシコシティオリンピック銅メダル獲得に貢献することとなりました。 県リーグや中国サッカーリーグに初期から参加しており、数々の功績を残し現在は県リーグの1部で活躍しています。 2011年にSRC広島と名前を変更し新たなる活動を開始しています」

広島大学もその前身、広島高等師範学校(1902年・明治35年創設)の時代から広島スポーツ界に多大な足跡を残し、明治・大正時代に「サッカー王国広島」の中核的存在として数々の功績を残してきた。

広島サッカーの歴史を支えてきた両チームはきょう、午後2時から広島広域公園第一球技場で激突する。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内