地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 坂本、阿部、亀井のクリーンアップ8タコ、マエケンや黒田博樹よりもすっゴイ!福井優也の秘密その2
2015年07月02日
編集部

坂本、阿部、亀井のクリーンアップ8タコ、マエケンや黒田博樹よりもすっゴイ!福井優也の秘密その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

男気・黒田、新星・薮田で東京ドーム1勝1敗で迎えた広島が第3戦でプロ5年目の福井を先発マウンドに送り3対2勝利でこのカード2勝1敗と勝ち越した。

首位阪神がヤクルトに大敗して、広島は首位に1・5差に肉薄して6月は一度もなかった借金3まで戻した。阪神、ヤクルトは勝率ジャスト5割、巨人は借金2、DeNAは借金3で5位後退、中日は借金9。

福井は8回109球を投げ四回以降は無安打ピッチング。初回と三回に立岡、坂本に犠飛を許したが許したヒットも失点したイニングの2本だけだった。

試合後のインタビューでは「昨日、薮田が勝ったんでチームの雰囲気は良かったですし、きょうはなんとなく勝てると思ってました」と言い放った。巨人ベンチも形無し…のトドメのコメントではあった。

二軍調整登板はあったものの6月14日のソフトバンク戦から実に中17日。昨季までの福井ならマウンドに上がったとたん空回りしていた可能性が高い。だが、考え方を根本的に変えた今季は「雨で流れたり、登板機会があまりなかったりしたんですけど、調整もクソもないんで自分は投げろと言われたところで投げるピッチャーだ」とインタビューでプライドも覗かせながら言い切った。

6月8日付「ひろスポ!」の福井の記事が今季の福井のこれまで、とこれからを記録し、暗示している。

 

マエケンや黒田博樹よりもすっゴイ!広島勝ち頭、福井優也の秘密(6月14日)

 

交流戦6勝6敗と勝率5割に戻した広島は、しかし通算では25勝32敗の借金7でセ・リーグ最下位からなかなか脱出できないでいる。

しかし福井優也の活躍がなければもっと苦しい状況になったいた。福井は前日の楽天戦で7回3安打1失点で勝ち投手。5月10日の阪神戦(甲子園)以降、先発5度で4勝を荒稼ぎしてとうとう黒田博樹と並ぶチームの勝ち頭になった。

エース前田健太はここまで11試合4勝4敗、防御率1・76と抜群の内容なのに完投負け3つと打線との歯車がかみ合っていない。

黒田は10試合5勝2敗、防御率2・94。「男気」人気に相応しい活躍を見せている。

しかし福井は8試合で5勝1敗、防御率2・83。勝率8割3分3厘で黒田の7割1分4厘をも上回る。

福井は2010年ドラフト1位右腕。2011年には8勝10敗でシーズンを通してローテーションを守った。

しかし12年2勝3敗、13年0勝2敗、14年4勝5敗。この4シーズンは野村前監督の5シーズンと重なる。

野村前監督は試合中、福井に限らず3ボールになる回数をメモして試合後の反省材料にしていた。だが、この方法は「荒れ球」が持ち味の右腕から「球威」を奪い、やがて先発失格の烙印へと繋がった。

緒方監督にバトンタッチされても福井が厳しい立ち場に追いやられていることに変わりはなかった。

「今年結果を出さなければ終わり」と覚悟を決めて臨んだシーズンではあったが、エース前田健太に加え、黒田、新外国人左腕ジョンソン、それに自分よりあとから入ってきた二人のドラ1新人王、野村祐輔と大瀬良大地…。若手台頭もあり、ローテーション候補はオープン戦の時期には目白押しだった。

そんな状況下でも確実に実績を踏んだ福井に先発の機会が巡ってきたのはシーズン開幕9戦目、4月6日の中日戦(ナゴヤドーム)だった。

結果は6回2失点。勝ち投手にはなれなかったが、「価値投手」になれるきっかけを示すことができた。

2度目の先発は4月17日の中日戦(マツダ)。6番目の先発だからずいぶん登板間隔が空いたが7回を投げてスコアボードにゼロ7つ。「スミ1」を守りシーズン初勝利をマークした。

その次の出番は…

5月3日にやっと回ってきた。が、三回途中4失点KOされた。それまで會澤とバッテリーを組んだがこの日は石原と組んだ。

そこから5試合に投げて4勝を挙げた。途中、5月24日のヤクルト戦(マツダ)で4回5失点KOという日を挟んではいるが、その時の悪い内容を引きずることはなかった。

昨日の福井は1イニングで3暴投を記録した。そのうちひとつはタイムリー暴投で相手に先制点をプレゼントする形になった。

だが福井は「1点ぐらい取られることもある」とそう割り切って後続を断ち最少失点でピンチを切り抜けた。直後の攻撃で會澤が同点タイムリーを放ってくれた。

同じように「こんな日もある…」と例え打ち込まれても気持ちを切り替えることができるようになった。

チームナンバーワン、と言われる球威を武器にローテで活躍できる資質はもともと備えていた。ただ、欠点ばかりを言われたことで長らく長所が消し去られていた。

現時点で福井は47回と3分の2を投げ22四死球。

黒田のそれは64回3分の1で16四死球、

前田健太は82回を投げわずかに18四死球、である。

 

この記事にあるように、楽天戦で5勝目を挙げた福井は翌週のソフトバンク戦で3回3分の1、7失点KOされた。そのあと2度の先発機会を雨で流された。

それがなければ最多勝争いに殴り込み、も可能だった。だが、そんなことは今季の福井にはどうでもよい!?。それより「つい油断が出た」(福井周辺の関係者)ソフトバンク戦を反省して万全の準備を続けることが最優先。結果として、過去3シーズン分と同じ6勝目がその手の中に収まった。

なお、福井のキャリアハイは4年前、ルーキーイヤーの8勝である。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内