地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > ヤクルト古野の気迫の前に広島、自慢の上位打線が分断され得点力ダウン
2014年05月06日
編集部

ヤクルト古野の気迫の前に広島、自慢の上位打線が分断され得点力ダウン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

ヤクルト3年目の古野の前に好調・広島打線が分断され、結果的には対ヤクルト戦の開幕からの連勝記録を5で止めた。

3点を追いかける五回、松山と田中が連続ヒットして一死一、二塁。石原の三ゴロが川端のタイムリーエラー招き1点を返すと、代打廣瀬の犠牲フライで1点差。一番に戻って堂林、菊池がともに四球を選び二死満塁と攻めつけたが最後は丸がフルカウントから見逃し三振に倒れた。

広島は昨日、一昨日とDeNA投手陣を相手に上位打線が見事な集中打を見せ、あっという間に試合の主導権を握ってきた。当然、古野・中村のヤクルトバッテリーにとっても堂林、菊池、丸、エルドレッドの“並び”は脅威だったはず…。

勝ち投手まであとアウトひとつ、というところで絶体絶命のピンチを迎えた古野は丸を三振に仕留めたあとガッツポーズ。試合後には「気持ちだけは負けないようにと思って投げました」とコメントした。

古野は開幕からすでに広島戦に2度先発して6回2失点と5回4失点で0勝1敗。当たり出したら止まらないはずの広島打線も今夜ばかりは2試合分の悔しさをぶつけてきたような古野の気迫に押され気味…。

九回、1点を返して4対3、なおも二死一、三塁とヤクルト・ロマノを攻めつけた場面でも最後は堂林が空振り三振に倒れて、古野の今季2勝目を阻止することはできなかった。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内