地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島、中日に一矢報いてゲーム差再び2、勝因は戸田の粘りと會澤、田中の一発
2014年08月07日
編集部

広島、中日に一矢報いてゲーム差再び2、勝因は戸田の粘りと會澤、田中の一発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

中日に2連敗してゲーム差1に詰め寄られていた広島が3位の意地を見せた。

三回、先頭の八番・會澤が中日先発の岩田からレフトスタンドに先制の5号ソロ。初球を叩いたためマスク越しに谷繁兼任監督がマウンドに向けて「スマン」とポーズを作るほどの”意表を突いた”一撃で試合の流れを引き寄せると一死後、一番に入った田中も初球を振り切りライトスタンドに7号ソロ。

さらに菊池、丸の連打からエルドレッドが犠飛を放ちこの回3点。四回にも1点を追加した。

ただ、この「4点」が曲者で、先週の木曜日、マツダスタジアムで先発した戸田は中日打線に四回につかまり4点のリードを一気に吐き出していた。

案の定?4対0となった直後の四回の戸田は先頭のルナに二塁打を許し続く森野にも右前打されて無死一、三塁。しかしここから松井佑、藤井を連続三振に仕留め、昨夜のヒーロー谷繁も遊直に打ち取って、けっきょくは自己プロ最長の6回3分の1を投げプロ2勝目をマークした。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内