地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > DeNA打線に猛反発食らい広島は屈辱的大敗、巨人戦3連敗以上のショック!どうして野村カープは周期的に大惨敗を喫するのか?
2014年09月07日
編集部

DeNA打線に猛反発食らい広島は屈辱的大敗、巨人戦3連敗以上のショック!どうして野村カープは周期的に大惨敗を喫するのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島がDeNAに屈辱的な逆転負けを喫した。神宮で巨人がヤクルトに完敗していたため、勝てば2ゲーム差に詰め寄るチャンスだった。首位までのゲーム差は3で変わらないが、ここに来ての横浜での”大撃沈”はその内容からこのあとの大事な戦いにマイナスの影響を及ぼしかねない。

巨人に3連敗したあと横浜に乗り込みDeNA打線を2試合連続零封の広島。第3戦も序盤3回を終わって4対1と広島ペース。打線はハーラートップタイのDeNA先発・井納を打ち込んだ。一方、二軍再調整を終え登録されたばかりの広島先発・九里には三回、1点を失いなおも二死一塁の場面で早々と交代が告げられた。

二番手の戸田は五回、グリエルにソロホームランを打たれこれで4対2。野村監督は六回、三番手に中田を投入したが、松本、下園のDeNA代打攻勢の前に連続二塁打されてとうとうリードは1点に…。

しかし野村監督は七回も中田に続投指令。これが完全に裏目となって二死満塁から石川に2点タイムリーを許してこれ4対5と逆に1点のビハインド。さらに4人目の今井も打ち込まれ七回1イニングで大量5失点。八回にはミコライオがブランコに15号ソロを許し、急きょマウンドに上がった永川も失点する始末で結果的には4対11でゲームセットの声を聞いた。

連夜の完封負けのうっ憤を晴らすかのように打ちまくったDeNA打線は今季最多の20安打にあと1本と迫る19安打の猛攻を見せたが、投手力では遥かにヤクルトを上回る広島投手陣がここまで打ち込まれるのはまさに異常事態と言える。

とはいえ、似たようなことは7月15日のマツダスタジアムでもあった。

先発したのはやはり九里で相手も同じDeNA。九里は三回で降板して最終的に広島投手陣はその時点でシーズンワーストとなる18安打を浴び7対10で打ち負けた。

もっと広い視点でみると野村カープはワースト記録を塗り替えるような大敗を周期的に繰り返す傾向にある。

野村監督就任1年目の2010年6月7日、福山であったオリックス戦は10対21というにわかに信じがたいスコアになった。

ところが8月25日の阪神戦(京セラ)も8対22で阪神は球団レコードを更新。この試合では梅津がひとりで1イニング45分間を投げ続け、当時の大野投手コーチとの相談なしに投手交代を決めていた野村監督の判断に疑問の声が上がった。

2011年にも交流戦で2対17(ソフトバンク戦)という大量失点を記録した広島は2012年の交流戦では6連敗を喫した。

そして初のクライマックスシリーズ進出を遂げた昨年もやはり交流戦で6連敗。加えて7月10の横浜スタジアムではやはりDeNA相手に8対17の大敗を喫している。

今季の広島がセ・リーグ勢を相手に善戦しながら今の位置にいるのは交流戦9連敗が大きな足かせとなっているからだ。

23年ぶりのリーグ優勝を目指しここまで躍進を遂げてきた広島だが、この大事な時期に野村監督就任から5シーズンの一番悪い面が出たのは確か。連戦に次ぐ連戦の9月は、落とせない試合が続く中で、いかに適切な修正を加えることができるかにかかっているのだが…。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内