地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 昨年の前田智徳に続き、今年も広島一筋の横山竜士、引退会見
2014年09月21日
編集部

昨年の前田智徳に続き、今年も広島一筋の横山竜士、引退会見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島の投手陣の屋台骨を長らく支えてきた横山竜士がDeNA戦の前にマツダスタジアムで突然、引退会見を行った。

 

「ケガばかりでまわりに迷惑をかけたけど、ケガの前よりもっとよいパフォーマンスができるよう気持ちを持てたのが長くできた秘訣かな」と話し「「誇れるものは何もないけど、やり残したこともないです」と言い切った。

 

この日、前田健太と投げ合ったDeNAの三浦がプロ23年目の四十歳。横山はプロ20年目の28歳。まだ、現役としての選択肢もあっただろうが、若手が次々に台頭してくるチーム事情なども考慮したのかもしれない。

 

1999年、達川カープ元年にはあの黒田博樹とともにローテーション投手として活躍した横山は2000年以降、中継ぎに回り、第2次山本政権、マーティー・ブラウン監督、そして野村監督の下でその役割をまっとうしてきた。

 

ちなみに入団は1994年で一軍デビューは1997年、いずれも三村監督の時代である。

 

2009年には中継ぎで69試合に登板。2011年には腰の手術をしたためわずか2試合に登板したのみだったが、昨年は37試合に投げて防御率3・23。チーム初のCS出場に貢献してCSでもいい働きをした。

 

ただ、昨シーズン7月中旬におよそ3カ月ぶりに一軍に戻ってきた時には「悔いのないよう投げるだけ」とすでに引退を覚悟したかのような雰囲気で、それでも勝負どころの8月13試合で8ホールド、チームが勝負をかけた9月も9試合で1勝3ホールド。けっきょく無敗のままチームのAクラス入り決定の日を迎えることになった。

 

2009年の契約更改。3年契約を提示されながらも金額面での開きに納得できず、最後の最後で赤いユニホーム一筋を決断した、あの日の会見は今も印象深いものがある。

 

昨年は前田智徳、今年は横山。コイ焦がれた長い“春”の終わりはいつも秋空が広島上空に広がっている。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内