地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 金本監督、ついに記者会見で経済波及効果42億円の人気、広島・緒方監督の支持率は3度目中間発表も0パーセント
2015年10月19日
編集部

金本監督、ついに記者会見で経済波及効果42億円の人気、広島・緒方監督の支持率は3度目中間発表も0パーセント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダスタジアム
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

携帯サイト「田辺一球広島魂」が広島・緒方監督を支持するか否かを訪ねた「ファン投票」の第3回集計結果が分かった。

同携帯サイトは2000年10月より一日も休むことなく、コラム「赤の魂」を更新し続け、またシーズン全公式戦なども独自の視点で詳しく「収録」、国内カープファンの様々な「声」も貴重な財産として莫大な量、蓄積されておりすべてのコンテンツのバックナンバーが閲覧できる。

よって同サイトの読者は「オレが監督代行」あるいは「カープは家族のひとり」というような、つわもの揃い…。…なので緒方監督1年目の「評価」について、それぞれの立場で具体的に”解説”されている。

携帯サイト「田辺一球広島魂」
スマホ版ikkyuu-t.com
通常携帯版 www.ikkyuu-t.info/i

第2回中間発表までを見ると「緒方監督を支持する」は0パーセント、逆に「支持しない」は当然ながら100パーセントとなっている。

この手の調査!?は他媒体ではほとんどこれまで目にしていないが、10月19日付のデイリースポーツ広島版の中面には外部のライターが「今季最終戦あいさつなし 緒方監督そりゃないよ」の見出しでコラムを掲載、そのライターがツイッターでつぶやいたら多くのフォロワーが「同じ思いです」と届いたという。またそのライターの周辺でも「同様の意見」が出ていた、としている。

…ということはやはり今回、緒方監督の指示率が「0パーセント」としてきたことが決して大げさではない、ということになる(もちろんいっさい投票に手は加えていない)

阪神は金本監督の就任会見がきょう予定されており観客が20万人以上増加して42億円以上の経済効果が期待できる、との調査もある。

赤い帽子を脱ぎ猛虎をまとめる「アニキ」として絶大な人気を誇った金本知憲氏だが、広島時代のその人気度もやはり野手チームナンバーワンだった。

緒方監督と金本氏は同じ1968年生まれで山本監督第一次政権下の1992年から、三村監督、達川監督を経て山本監督第二次政権下の2002年までともに外野を守り、優勝を目指してきた仲だ。

来季、金本阪神に緒方カープがひとつでも負け越すようなことがあれば、カープファンからいったいどんなブーイングが起こるのか?

以下、今季の緒方監督1年目に対するファンの声を列挙する。

 

・少輔次郎。
1967年広島市出身、福岡在住。カープは1974年から。
不支持です。
理由:自分の経験第一主義で他人の評価・意見に余り聞く耳を持たないと見える。おそらく何年やっても同じ事の繰り返しになるだろうから。
例:得点力不足問題への対処が典型。監督も選手も入れ替わってるにも関わらず、モウ10年近く続いてるわけだから、選手個人レベル(だけ)の問題じゃないな、と考えるが通常人の常識的感覚だと思うのだけれど、昨秋出てきた「方針」が「個人を鍛える」で、これにまず仰天。そして一年が経過し、案の定の結果になり、ここで出てきた第一声が去年と全く同じ……ですからね。結果が伴ってないのに全く同じアプローチというのは論外。例の「後退したとは思えない」も同根で、結局、タンスの引き出しがオンリーだから、こういう風になるんだと思います。

・緒方監督(緒方政権) 支持しない
①コーチに任せるといって始まった緒方カープ、しかし意思疎通できず。
②2軍監督を経験してないのか、2軍選手を有効活用できず
③三村監督の時は、山本一義さんがチーフ兼打撃コーチでした。他球団のコーチやロッテの監督もされたかたです。カープ一筋の永田コーチでは、監督とコーチ、選手を一つに纏められずチームの方向性が見えないまま終わった。
④機動力野球をしていた時もカープにはセリーグを代表する4番バッターがいました。ソフトバンクやヤクルトも打線の芯は固定でした。和製4番バッター不在による得点力低下は深刻。昨秋カミナリを落とした、松山、岩本は成長せず、若鯉は1軍にほとんど呼ばず、緒方カープの機動力野球による得点力アップの道筋が見えない。
⑤4番バッターとして助っ人は結果出せず、編成部の責任大
⑥4月に九里、5月に今井を1軍に放置の挙句9月には間に合わず、先発投手を育てることもできず、来年の先発ローテどうするの?畝コーチ
⑦野村カープの時の信頼度で中継ぎを起用、自らの考えで必勝パターン作らない畝コーチ。勝ち試合や接戦の時の起用は、ヒース、中田、一岡、今村、中崎、戸田にこだわり、前半戦の中継ぎ崩壊の時も2軍にいる投手を積極的に試さず野村カープ野球にこだわる。中崎、大瀬良が来年離脱したら、中継ぎどうするの?
内田前監督クラスのチーフコーチ招へい
他球団のコーチ実績のある打撃コーチ招へい
緒方監督より一回り上の実績のある投手コーチを招へい
来年は他のチームの2軍監督も変わりそうだし、ここで本気に改革をしないと1軍、2軍も暗黒時代に突入しそう
(尾道の宮澤)

・緒方監督国民投票
99.8%不支持
44歳男性
東京都練馬区
ファン歴 おそらく44年
支持できない理由
・選手起用が偏りすぎている。
・一軍監督としての言動に品位が無い。
・結果論発言
・見飽きた発言
・一軍監督としての発信が不十分。
・何もない発言
・控え選手を使い切らずに、負けたまま試合が終了してしまうケースが多い。
・コーチとの関係が良くないように見受けられる。
・素人から見ても???と感じる選手起用が多い。
・野間の起用が目立つ。
・鈴木誠也が5番
・最終回に同点に追いつかれた場合の攻撃を想定して守備固めをしない。
・最終戦で投手陣総動員体制にしていながら不調の若手を起用した。
※色々ありますが、やはり、品性が欠けているから支持できません。
0.1%支持
・一部コーチに一軍経験が乏しく(略)。
0.1%辞任を勧めます。
(略)
練馬のカープファン

・ラグビー、ヤクルトの快進撃を見るにつけ今年は最下位であれば良かったと思う気持ちが強くなってきました。もう少しでCSという判断があったとすれば大間違いです。戦略なき投手起用と個々の力への依存。ケースバッティングを指示してもできない打線、支持の材料を探すも見当たりません。よって、不支持
せめて、当たり前の野球ができるHCの就任を期待します。
島根出身埼玉在住30歳代、ファン歴30年。
浦和は今日も赤だった

・埼玉の怒鯉です。後れ馳せながら 緒方監督の不支持に1票です。いや、監督だけでなく「今のカープ」そのものを支持しません!!
ちなみにパーソナルデータですが、カープファン歴25年以上の男で埼玉生まれの埼玉育ちです。
あの1991年の優勝時に、西武との日本シリーズを所沢で観戦した貴重な?経験を持っています。
第二回までの開票結果を見ましたが、やはり不支持が多数……いや、支持率はゼロなんですね。
皆さんがコメントしている通り理由はあえて述べずとも、不支持を投じる致命的な欠陥が存在している、という事ですね。前監督と違って5年間もコーチをしていたんですから。ずっとベンチで寝ていたのでしょうか。
ただ個人的には、緒方監督を代えるだけでは何も変わらない、と感じています。
今のカープは組織として腐臭が漂っていますから、まずはトップたるオーナー自身の意識を変えなければ同じ歴史を繰り返すだけです。
私の実家がある所沢という街は西武の本社があり、かつては西武王国といわれ創業家の堤一族を悪く言うことは完全にご法度でした。
ところが、10年ほど前に起きた西武を揺るがす大不祥事に際し、市民、いや県民は「悪いものは悪い」という良識ある判断のもと、堤一族を埼玉から追い出しました。そして郷土の誇り西武ライオンズを身売りから守ったのです。
程度の差こそあれ、埼玉にできて広島にできないハズがありません。
だからこそ(略)サイトから生まれる草の根的な活動に期待しているのです。危機感のないカープファンはいまだにたくさんいます。
(以下略)

・黒田が帰ってきた。新井が戻った。マエケンがまだチームにいる。今年は優勝します。と、シーズン前に、宣言した。黒田やマエケンが、結果を出さなかったなら、わかる。新井がつかいものに、ならなかったなら理由になる。でも、シーズン前の期待に彼らは充分答えてくれた。では、何故優勝できなかったのか。その理由を監督自身が分析できてなかったら、来季の監督は受けるべきじゃない。

・緒方監督国民投票
「支持しません」
理由:①一軍、二軍の入れ替えが少なすぎる。
他球団のスコアラーさんも、カープ戦は投打共に調査対象が少なくて楽だっただろう。
②ドラフトでの貴重な1位指名枠をわがままで潰した。
スカウトさんは投手を指名したかったとの噂あり。昨年、西山さんと金本さんが解説されていたのですが「各球団エース級の投手は、ドラフト1位か2位指名に限られている。野手は下位指名から4番になることもあるが、投手は絶対上位指名される!」とのことで、投手は早い者勝ちだと思いました。それなのに1位指名が投手ではなく外野手で良かったのか?
その後「良かったですね」と言わせたいような地獄の贔屓起用が始まる。
③鈴木誠也選手と野間選手に光るものがあるのはわかるが、今年は育成が許される年ではなかった。
④ドラフトと贔屓起用、更に混セの中で一度も首位に立てなかった未熟采配の責任を取らない。
ご自身では「監督1年目」という認識かもしれないが、ファンにとっては「23年優勝出来ていない球団の監督」である。社員は会社の看板を背負っているのは一般社会の常識。昔、三村監督時代から達川監督にかけて、神宮球場で17連敗したことがあった。連敗中、達川監督は「ワシは、まだ〇連敗じゃろう」とおっしゃった。冗談だったのかもしれないが、もし監督にそういう意識があるとしたら、とんだ思い違いである。
「今年やるしかない!」という新井選手が見せたような危機感が無いから、ちんたら育成が出来る。
黒田投手・マエケン・KJが揃っている今年、他も秀でた球団が無い中、優勝しなければならなかかった。チャンスがあった。
⑤丸選手・菊池選手を2個1にしすぎ。
開幕前、前田智徳さんが「丸が足の裏が痛いと言うので、痛い箇所に打つ痛い注射があると教えてやった」という話があったが、ケアは出来ていたのか。
菊池選手は風張投手から頭部死球を受けた後も試合に出させ、ムチ打ちが悪化したり、ホームへスライディングした際、キャッチャーのブロックで足を引きずっているように見えたことがあったが、その後も翌日も試合に出ていた。
丸選手と菊池選手を全試合出場させるより、休ませながら使ってあげた方が良かったのではないか。
シーズンオフに広島のテレビ局が毎年使うフレーズ「〇〇選手は全試合出場です」「〇〇選手はシーズン通して一軍で頑張りました」ですが、私の感想は「それが、どうした!」である。
⑥視野が狭い緒方監督で、来年優勝出来るとは思わない。
カープファン歴:40年
性別:女性 広島県

・何気なく広島おがたでインターネット検索したら 監督の伝説いっぱいでてました。2ちゃんだから(元値はTwitterみたいですが) 話半分のつもりだったけど、呆れを通りこして笑ってしまいました。これ 一球団の監督としてそうとう終わってますよ。
ついたあだ名は「にげた孝市」・・・大ブーイングなかシーズン終了の挨拶なしにグラウンドを去ったスピードが盗塁王をとった全盛期よりも早くグラウンド去ったからだそうです。流行語・・・「~は結果論」「 オワタ采配」「 隙あらば野間」
背番号剥奪事件といい 丸の貼り紙事件といい 小窪のキカイダー改造といい なんかやらかすし ガキ大将みたいです。来年どんなあらたな伝説つくるか楽しみです。ただ一点気になったのがスピードがあれば勝てると宣言してオープン戦の選手器用がシーズンにもつながったというのが ありました。でも シーズン中スピードからビックイニグ狙いの打線組んだり 前監督といっしょで一貫性がないのは本当に止めて頂きたい。そういう野球したいんであれば最後まで通して片寄ったお気に入りの選手優先は無しにしてほしい。新たな伝説ふやさないで欲しい。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内