地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サンフレッチェ広島、ACL初戦、先制しながら2失点黒星発進
2016年02月23日
編集部

サンフレッチェ広島、ACL初戦、先制しながら2失点黒星発進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ACL
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

アジアを紫に染めろ-

昨年12月、クラブワールドカップで3位まで上りつめたサンフレッチェ広島がACLのFグループ初戦で山東魯能(中国)逆転負けを喫した。後半19分に清水の強烈な一撃で先制しながらその3分後にコーナーキックから同点にされ、さらに後半33分、ブラジル代表で550万ユーロ(約7億5千万円)で山東魯能に移籍してきて1カ月のジエゴ・ダルデッリに決勝点を許した。

グループリーグは全部で6試合。ホームの広島広域公園陸上競技場で、サポーターの声援を受けながらの勝ち点ゼロスタートは厳しい幕開けとなったが、森保監督は試合後「あと5試合ある。今日落として難しい戦いになるが、十分に(グループリーグ突破の)可能性はある」と前を向いた。

シュートの数はサンフレッチェ広島20本(前半11本)で相手が10本。決定機に決めきれず、中3日で迎える同じくホームでのJ1開幕戦(対川崎フロンターレ)に向け修正すべき課題も残した。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内