地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 福井が”1球に泣く”苦しい展開の中、新井貴浩が1999安打到達!
2016年04月24日
編集部

福井が”1球に泣く”苦しい展開の中、新井貴浩が1999安打到達!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新井貴浩
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

2000本安打を後押ししようと、半分以上は新井ユニ…

 

4月24日 ●2-6阪神、マツダスタジアム、晴れ
通算12勝11敗、+1

13時30分・2時間54分、3万1855人、今季最多
相手先発・〇能見9回完投5安打2失点
本塁打・會澤2号

一番ショート田中
二番セカンド菊池
三番センター丸
四番ファースト新井貴浩
五番レフト・エルドレッド
六番ライト鈴木誠也
七番サード堂林
八番キャッチャー會澤
九番ピッチャー●福井7回11安打6失点(5試合1勝1敗)
戸田
九里

開幕から接戦の続く阪神戦。前日、黒田の力投で連勝も期待できたが結果的には2対6の完敗でまたしても阪神との順位が入れ替わった。

先発の福井は1球に泣いた。その1球というのも二回、岡崎に中犠飛を打たれ1点を先制された直後の能見への初球。明らかに感情をぶつけていた。そこから能見に四球。気持ちの整理がつかないまま高山に左前打されやらなくてもいい2点目を与えた。

五回の失点も二回が尾を引いた。先頭能見に左前打され高山に2ランを運ばれた。

七回は岡崎ヒット、能見送りバントのあと高山を歩かせ代打福留に2点適時二塁打を許した。

能見の投打に渡る活躍と阪神ベンチの采配によってワンサイドになる中、今季一番の大入りのスタンドの大声援に後押しされて新井貴浩が2安打を放った。

第1打席は二回、先頭打者で右邪飛。さすがに力が入った。

第2打席は四回、一死一塁で能見の真っ直ぐを強いゴロで右前に弾き返した。

第3打席は七回、再び先頭打者。ここも真っ直ぐを打ち、完璧にとらえたかに見え打球は左中間で高山にキャッチされた。この打席、能見は全3球、ストレート。通常ではありえない。阪神・金本監督が”アニキ”らしさ発揮?

第4打席は5点ビハインドの九回、二死二塁の場面。低目の真っ直ぐを低い弾道で左前にもっていきカープファンの大声援に応えた。

2000本にあと1本…。プロ18年目のシーズンもまた、これまでどおりがむしゃらな姿勢で臨む新井らしいオチがついて、偉業達成は26日からの神宮球場ヤクルト3連戦へと持ち越された。

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内