地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 全治8カ月左膝手術からからの復活、朝山正悟と佐古ヘッドコーチと広島ドラゴンフライズ、B1昇格を懸け熊本ヴォルターズとかく戦う(4)
2017年04月29日
編集部

全治8カ月左膝手術からからの復活、朝山正悟と佐古ヘッドコーチと広島ドラゴンフライズ、B1昇格を懸け熊本ヴォルターズとかく戦う(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝山正悟
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

練習のあと、輪の中で声を掛けあう朝山正悟選手(中央)

 

B.LEAGUE B2西地区の2位確保、イコール昇格プレーオフへのワイルドカード…。その行方を決める広島ドラゴンフライズと 熊本ヴォルターズの直接対決、第1ラウンドが6時間後に迫ってきた。TIP OFFは4月29日午後5時、熊本県立総合体育館。

両チーム関係者、選手が特別な思いで迎えるこの一戦。36歳の誕生日まで1カ月ちょっととなった広島ドラゴンフライズの精神的支柱、朝山正悟にとっても大きな意味を持つ2日間となる。

神奈川県出身、ポジションはフォワード/ガード。世田谷学園高校から早稲田大学に進み、日立サンロッカーズ東京(2004年)-オーエスジーフェニックス(2005年)-レラカムイ北海道(2008年)-アイシンシーホース三河(2009年)-三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋(2103年)とクラブを渡り歩いてきた。

佐古賢一ヘッドコーチが「広島行き」を決断した時と同じように、「自分のバスケットボール人生をどう進むべきか、どうやっていきたいのかを考えた」。そして2015年7月、「優勝への切り札」と期待されての「広島入り」が発表された。

ひろスポ!関連記事
広島ドラゴンフライズ、「優勝」への「切り札!」朝山正悟が入団会見
hirospo.com/pickup/19581.html

 

佐古ヘッドコーチとはアイシンシーホース時代に2年間、プレーヤーとしての同じ目線で戦った経験を持つ。今回、B2西地区優勝は逃したが、「尊敬する大きな存在」である佐古ヘッドコーチとともにプレーオフに進み、B2初代王者になる夢は残されている。

2016年1月に大きな左膝の手術に踏み切った。昨年9月の開幕から、患部と相談しながらのプレーを続け、そして見事、復活を遂げた。

若い選手の成長を見守りながら、キャプレンとして常にチームに気を配り、時には厳しいことも伝えてきた。もちろん、思うようにいかないことの方が多い。それでも「この1年でB1に昇格するため」に必要なことを負い続けてきた。

熊本ヴォルターズ戦では、チームとしてあらゆる要素が試されることになる。でも、それが終わりではない。もしもB1昇格が成功しても、またすぐにB2に戻ってくるようでは、これまで積み重ねてきたものが薄っぺらになる。舞台が大きくなるほどに、新しい自分たちに出逢えるように…。広島ドラゴンフライズの調整はこの先もずっと続いていく。

朝山正悟キャプテンの話

やることは目の前の試合に向けて集中するだけ。チーム一丸となって、ただひとつ、同じ方向を見つめてみんなで戦い抜く、それだけだと思います。負けられないことはみんな分かっているので、それをコートで、全面に出して、誰かに頼ることなくチーム全員で守って、得点を取りにく。そういう本来の広島ドラゴンフライズらしい戦い方、お互い信頼して、その部分をこの2日間で出せればいいと思っています。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内