地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > ジャマリ・トレイラー戦線復帰、しかし肝心の最終クォーターで8-17失速…残り試合減る中、広島ドラゴンフライズの反抗エナジー黄色から赤へ
2019年02月24日
編集部編集部

ジャマリ・トレイラー戦線復帰、しかし肝心の最終クォーターで8-17失速…残り試合減る中、広島ドラゴンフライズの反抗エナジー黄色から赤へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャマリ・トレイラー
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • レッドヘル

ジャマリ・トレイラーがスターターに復帰したホームゲームで第3クォーターまではリードしたが…

 

広島ドラゴンフライズは2月23日、ホームの広島サンプラザホールに山形ワイヴァンズを迎えてB2第23節のGAME1に臨んだ。

2月2日の愛媛オレンジバイキングス戦で負傷離脱したジャマリ・トレイラーがスターターで復帰。昨年、12月30日の青森ワッツ戦で左膝外側半月板損傷のアクシデントに見舞われた坂本ジェイも帰ってきた。

が、結果は70-74の惜敗。しかもB1昇格の可能性が大きく後退する文字通り、何とも惜しい敗戦となった。

ジャマリ・トレイラーはこの日、チーム最多の21得点、坂本ジェイも7得点。90失点は当たり前で、完全崩壊していたディフェンスも第1クォーター17失点、第2クォーター24失点、第3クォーター16失点と”大波賞”ながらよく持ちこたえた。

だが最終クォーターは8-17。62-57で第3クォーターまでに主導権を握りながらそれでも勝てなかった。

前節もそうだった。B2全チームの中で唯一、勝率が1割台の東京八王子ビートレインズにGAME2で67-109の歴史的大敗を喫した。そこから中6日のインターバルで修正をかけたが、絶対に落としてはいけないゲームをまた落とした。

問題は最終クォーター、残り8:20で早々に62-62と追いつかれたことにある。この時点で寝た子を起こすことになった。そのまま、さほど難しくない相手を寝かせておくことが今の広島ドラゴンフライズにはできない。

残り4:51で64-64。相手に先手を許しながら何とか食い下がってはいたが、残り3:51で66-70と4点差をつけられると、そのままの点差でブザー、となった。

けっきょく最終クォーターの得点はジャマリ・トレイラーのインサイドでの3ショット6点とターレル・ミラーのフリースロー2本の2点だけ。肝心なところで3Pが一度も決まらず…

まさに自分たちの首を自分たちで絞めている状況か…

残り試合数がどんどん減っていく中では一敗は単なる一敗ではない。ひとつ負けると4勝しないと勝率8割にならない。連敗すれば8連勝が必要になる。そうやってどんどん追い込まれていく。

2月の広島ドラゴンフライズはこれで2勝5敗。B2西地区で首位を行く島根スサノオマジックは同じく6勝2敗、2位の熊本ヴォルターズは同じく5勝2敗…

<スコア>
B2 第23節GAME1
広島ドラゴンフライズ 70-74 山形ワイヴァンズ
1Q:17-17
2Q:21-24
3Q:24-16
4Q:8-17
入場者数:1,666人
対戦成績:27勝15敗
おりづる賞:ジャマリ・トレイラー選手

【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#2朝山正悟、#3岡本飛竜、#4ターレル・ミラー、#24田中成也

山形:#1中島良史、#7古橋広樹、#11秋山、#14チュクゥディエベレ・アドゥアバム、#22ウィル・クリークモア

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#0ジャマリ・トレイラー 21点
#2朝山正悟 12点
#3岡本飛竜 10点
◆リバウド
#0ジャマリ・トレイラー  11リバウンド
#4ターレル・ミラー 10リバウンド
◆アシスト
#0ジャマリ・トレイラー6アシスト
#3岡本飛竜  4アシスト

山ワイヴァンズ
◆得点
#22ウィル・クリークモア 21点
#14チュクゥディエベレ・アドゥアバム 16点
#11秋山熙13点
◆リバウンド
#14チュクゥディエベレ・アドゥアバム 13本
#22ウィル・クリークモア13本
◆アシスト
#1中島良史 8アシスト
◆ブロック
#14チュクゥディエベレ・アドゥアバム 4ブロックショット

広島ドラゴンフライズ・尺野将太ヘッドコーチ
流れが来るシチュエーションで掴みきれなかった悔しいゲームだった。勢いがなくなっている原因のひとつが最後まで守りきる粘り強さがなくなっていること。とにかくあすは勝つこと。責任と覚悟を持って、見に来てくださっているファンのためにまずはあす1勝を届けたい。

広島ドラゴンフライズ・ジャマリ・トレイラー
届かなかった4点は自分たちのオフェンスの問題だと思う。何が足りなかったのか見つめ直したい。決めなければならないシュートを決めきれなかった。そこがやはり数字としても出てしまった。ディフェンス面では今日のディフェンスがまた出来ればあすは良い結果になる手応えも感じた。

山形ワイヴァンズ・小野寺龍太郎ヘッドコーチ
特にシューター陣が広島さんの大きな武器のひとつでもあるのでそこをしっかり止めようと準備してきた。タイトなディフェンスは試合終了まで出来た。細かいミスが起きて修正点はたくさんあるが、あすもう一度広島さんにチャレンジし今日よりも良い内容のゲームが出来るよう準備したい。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内