地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島のドラ1・小園海斗、オープン戦初戦でいきなり二塁打、しかもDeNA・山崎の鋭く落ちる球をレフト線技あり打
2019年02月24日
編集部

広島のドラ1・小園海斗、オープン戦初戦でいきなり二塁打、しかもDeNA・山崎の鋭く落ちる球をレフト線技あり打

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宜野湾
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

トップ画像はDeNA-広島、オープン戦始球式(アトホームスタジアム宜野湾)

広島は2月24日、キャンプ初となるオープン戦でDeNAの”本拠地”沖縄県宜野湾市のアトホームスタジアム宜野湾に乗り込んだ。

広島の先発は大瀬良だったがDeNA打線を相手に3回を投げ被安打6の3失点。しかし、大瀬良の仇?はドラフト1位のスーパールーキー、小園海斗が討ってくれた。

スタメンの田中に替わって四回、ショートの守備からオープン戦デビューを果たした小園は六回の第1打席、二死一塁の場面では今永の初球を打って一邪飛に倒れた。

しかし、すでに対外試合で存分に持ち味を発揮している守りでは七回の一死三塁で大和の遊ゴロを落ち着いてバックホーム、三本間挟殺プレーに持って行った。

そして、3対3同点のまま迎えた九回の第2打席。無死一塁、マウンドには山崎康という場面。

広島首脳陣は小園のバットに託す作戦。初球は鋭く落ちるツーシームを空振り。2球目も同じ球だったが小園のバットがその落ち際をとらえて、打球はレフト線へ落ちるヒットになった。

広島は続く曽根に送りバントを命じて一死二、三塁。坂倉は見逃し三振に倒れたが代打・松山が右前適時打して勝ち越した。

試合はその裏、DeNAが1点を返して4対4引き分け。

小園は対外試合9打席目で待望の初安打。

小園の対外試合、全打席
2月18日 KIAタイガース戦 三振、三振、一ゴロ
2月21日 阪神戦 左飛、三ゴロ
2月23日 日本ハム戦 遊失策、三振

宜野湾

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内