地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 中国新聞誤報、迫田穆成氏は竹原高校野球部、監督ではなく総合アドバイザー
2019年06月22日
編集部

中国新聞誤報、迫田穆成氏は竹原高校野球部、監督ではなく総合アドバイザー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
迫田穆成監督
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は竹原高校で野球の指導をすることが発表された迫田穆成氏

 

6月22日の中国新聞21面に「迫田氏 総合アドバイザー 竹原高校野球部」の見出しで前如水館高校監督の迫田穆成氏が竹原高校野球部の総合アドバイザーに就任したことを同校が発表、との記事が載った。

しかし6月17日の同紙17面には、今回より大きな見出しで「迫田氏、竹原高校監督に」と紹介され、7月に始まる夏の甲子園県予選から指揮を執る、と書いてある。

どうしてこんなことになったのか?竹原高校の関係者も17日の報道を受け「困惑しております」とし、関係各所に説明して回っていた。

迫田氏は当初から「監督さんがおられる訳ですから、総合アドバイザー的な立ち場で、お手伝いするとこころから始めます。もちろん選手には伝えたいことはどんどん伝えていくつもりです」と話していた。

中国新聞は2018年10月20日付紙面で「如水館迫田監督退任へ」の記事も掲載している。この時の署名と17日の記事の署名は違っており、同じニュース元に対する責任の所在があいまいだった、ということか…?(広島スポーツ100年取材班)

ひろスポ!関連記事

「クビ宣告」の迫田穆成氏復活宣言!広島商、如水館監督として春夏14度甲子園の情熱を注ぎ込むのは、安芸の小京都の普通の高校生11人(2019年6月16日掲載)
hirospo.com/pickup/57067.html

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内