地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広陵、広島商、広島新庄が順当勝ち、市立呉はエースナンバーの沼田仁の一振り劇的サヨナラ!全国高校野球選手権広島大会2回戦へ
2019年07月17日
編集部

広陵、広島商、広島新庄が順当勝ち、市立呉はエースナンバーの沼田仁の一振り劇的サヨナラ!全国高校野球選手権広島大会2回戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広陵
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広陵は3点を加えて11対0とした四回、さらに機動力を使ってホームを突いたがアウト!(コカ・コーラボトラーズジャパン広島総合グランド野球場)

 

第101回全国高校野球選手権広島大会第4日(7月17日)

2回戦に入り16試合が6球場であった。

コカ・コーラボトラーズジャパン広島総合グランド野球場、第1試合は17安打の広島商が広工大高に8-0で八回コールド勝ち。広島商の主戦、倉本裕翔(3年)は7回3分の1を投げ、昨夏ベスト4の広工大高を封じた。

第2試合は広陵がシードの井口を圧倒、初回に7点を奪うとその後も加点して11-0、五回コールド勝ちで3回戦に進んだ。

鶴岡一人記念球場第1試合。市立呉と府中東は互いにゼロ行進のまま、延長戦へ。タイブレーク突入を前に延長十二回、市立呉は一死からエースナンバーの沼田仁(3年)が劇的なサヨナラ弾を放ち、素晴らしい熱戦に終止符を打った。沼田仁は129球完投。

市立呉は府中東の先発左腕、中島陸(3年)の前に九回までわずか2安打。その後もヒットが出ずわずか3安打で勝利を手にした。1回戦で瀬戸内を破った府中東は中島陸をバックが盛り立て2試合とも無失策とよく鍛えられていた。

 

 

鶴岡一人記念球場第2試合は、”高校野球の概念”を根底から覆す取り組みを続ける武田が神辺に9-0、七回コールド勝ち。注目の剛速球右腕、谷岡楓太(3年)は4投手の継投の中で”顔みせ”しただけ。打線も6安打で8打点と効率が良かった。

鶴岡一人記念球場第3試合は、六回二死から2点をもぎ取った安芸府中が2-0で呉工に勝った。

 

尾道しまなみ球場の第1試合は呉港、尾道商とも譲らぬ展開となり0-0の七回、尾道商が三番・徳毛太一(3年)の適時打で奪った1点が決勝点になった。呉港は8残塁。

尾道しまなみ球場の第2試合は総合技術が8安打で17点を奪い、無安打に終わった並木学院に17-0で五回コールド勝ち。

尾道しまなみ球場の第3試合は部員12人の向原がメンバー交代なし、先発全員の22安打で1安打の松永に26-0のスコアで五回コールド勝ちした。
(ひろスポ!・田辺一球×高校野球取材班)

 

その他の結果
沼田3-2庄原実
高陽東17-11修道
五日市10-7廿日市
新庄10-0賀茂北
忠海5-3尾道北
国泰寺12-近大福山
福山工4-1賀茂
国際学院6-1舟入

 

新年度年会費キャッシュバック!!
JCBカープカードで今こそ大応援!
JBC
詳しい内容及びお申込みはこちら

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内