地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > バティスタのドーピング陽性反応発覚からもう一週間、「弁明」はどうなった?
2019年08月24日
編集部

バティスタのドーピング陽性反応発覚からもう一週間、「弁明」はどうなった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バティスタ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はドコモdメニューアクセスランキング、バティスタのドーピング問題に対する注目度は非常に高い

 

広島のサビエル・バティスタ外野手がドーピング検査で陽性反応が出たことが発表されたのは8月17日土曜日。NPBから広島球団に報告があったのは8月16日金曜日の午後9時。

8月24日土曜日でまるまる一週間になった。

しかし、この問題に関する報道は8月18日日曜日と19日月曜日の紙面まで。以後、ほとんど何も報じられていない。当然、ファンはその後、どうなったかを知る由もない。

広島の街中では人が集まれば、そこがスーパーだろうが、スポーツジムだろうが話題は緒方監督の暴力事件で、次がバティスタのドーピング問題…というある意味、異常事態になっている。

いずれも世間の注目が非常に高い案件だ。

バティスタはドーピング検査の結果に対して異議申し立てをしており、8月19日から30日までの間に「弁明」の機会が与えられる。

当たり前の話だがプレーオフのことも含めて考えるなら「弁明」は早ければ早い方がいい。

当然、8月19日から24日までの週で行う方が懸命である。

NPBでドーピングを担当する部署は「運営統括部」であるが、バティスタに対しての制裁を決するのは「調査裁定委員会」で専門の医師や弁護士が名を連ねている。当然、全体的なそのオペレーションは機密保持を第一に進められる。

しかし、その”周辺取材”をした限りでは、もうすでに何らかの動きがあった可能性の方が高い。

仮に動きがないならないで、それもまたファンに向けて発信されるべき情報だろう。

いずれにせよ、関連情報がピタリと止まった時点で「おやっ?」となる。

「おやっ?」と思うことには必ず理由がある。

ひろスポ!関連記事
いよいよ調査裁定委員会弁明へ…ドーピング検査で陽性反応を示したバティスタはどんな形で禁止物質摂取に至ったのか?(2019年8月20日掲載)
hirospo.com/pickup/58477.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内