地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島ひと筋、三次の誇り、165セーブの偉大な足跡残し永川勝浩引退へ
2019年09月06日
編集部

広島ひと筋、三次の誇り、165セーブの偉大な足跡残し永川勝浩引退へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
永川
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島は9月6日、今季で17年目を迎えた永川勝浩投手が引退すると発表した。9月23日(月・祝)にマツダスタジアムである対中日戦の試合後、引退セレモニーが行われる。

永川は2002年のドラフトで自由獲得枠入団、広島一筋で、2009年球団新記録の通算139セーブ目をマーク、8月1日の対横浜戦で、史上7人目となる通算150セーブも達成した。

今季は一軍登板がなく、昨季までの通算成績は526試合38勝42敗、165セーブ、防御率3・47。

”監督別”に振り返ってみると、山本浩二監督の2003年から05年までが31セーブ、マーティー・ブラウン監督2006年から09年までが132セーブ。野村監督の2010年から14年までが2セーブ。緒方監督の2015年以降はセーブはない。

しかも2017年には一軍登板ゼロ。リーグ連覇に貢献できなかった。それでも2018年には22試合、18回と3分の2を投げて2勝を挙げリーグ3連覇に貢献した。オフにはさらに上を目指す、と張り切っていた。

しかし、緒方監督の下では2月のキャンプで若手ら中心の東光寺組常連となり、今季開幕後は二軍で中継ぎとして18試合に投げて防御率6・19。

フォークと真っ直ぐを武器にしてセーブをマークする、という従来のスタイルからスライダーをカウント球にも使いながら見事な復活を果たした2018年シーズンの誇りとプライドを胸に…。プロ球界に多彩な人材を輩出してきた三次出身のナイスガイがまたひとり、ユニホームを脱ぐことになった。(ひろスポ!・田辺一球)

三次
永川投手の実家そばを流れる馬洗川の風景(2019年9月8日撮影)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内