地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島ドラゴンフライズ、トーマス・ケネディとジャマリ・トレイラーのコンビで粘るライジングゼファー福岡振り切り4連勝
2019年10月05日
編集部

広島ドラゴンフライズ、トーマス・ケネディとジャマリ・トレイラーのコンビで粘るライジングゼファー福岡振り切り4連勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フライガールズ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はフライガールズとモヒカンアビィ

広島ドラゴンフライズは10月5日、福岡市東区の照葉積水ハウスアリーナでライジングゼファー福岡と対戦、85-77で勝ってB2西地区首位の座を守った。広島ドラゴンフライズは開幕戦黒星発進のあと4連勝で通算4勝1敗。勝率をB1昇格の”目途”とされる8割に引き上げた。

西地区2位は香川ファイブアローズで3勝2敗、ライジングゼファー福岡は開幕5連敗で西地区最下位。

広島ドラゴンフライズは連勝した前節熊本ヴォルターズ戦でベンチに入らなかったトーマス・ケネディをスターターに起用。第1クォーターはトーマス・ケネディの2Pで幕を明けた。

前半を終えて41-35とリードした広島ドラゴンフライズだったが、第3クォーター残り7分40秒で43-43と追いつかれ、残り3分42秒で47-52に。ここからトーマス・ケネディのレイアップと朝山正悟の3Pで52-52としてそこからのシーソーゲームをジャマリ・トレイラー、トーマス・ケネディの奮闘によって制し60-56で最終クォーターへ。しぶとく食い下がってくる相手を振り切り、最終クォーターはリードを守り切った。

この日チーム最長のプレータイム37分のジャマリ・トレイラーが25得点。

広島ドラゴンフライズに2季所属して、ライジングゼファー福岡へ活躍の場を移した村上駿斗はプレータイム24分9秒で11得点。

2019-20シーズン第3節GAME1
広島ドラゴンフライズ 85-77ライジングゼファー福岡
1Q:24-22
2Q:17-13
3Q:19-21
4Q:25-21
入場者数:1,212人

【スターター】
広島:#0ジャマリ・トレイラー、#1トーマス・ケネディ、#2朝山正悟、#24田中成也、#30古野拓巳
福岡:#1村上駿斗、 #7ニック・ウォッシュバーン、#15青木ブレイク、#23ショーン・マーシャル、#24石谷聡

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#0ジャマリ・トレイラー 25点
#1トーマス・ケネディ17点
#2朝山正悟15点
◆リバウンド
#0ジャマリ・トレイラー 11リバウンド
◆アシスト
#30古野拓巳9アシスト

ライジングゼファーフクオカ
◆得点
#23ショーン・マーシャル22点
#7ニック・ウォッシュバーン21点
#1村上駿斗 11点
◆リバウンド
#7ニック・ウォッシュバーン15リバウンド

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内