地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > トーマス・ケネディ3P5本の29得点10アシスト、広島ドラゴンフライズ前節敗戦から3桁得点勝利!
2019年12月13日
編集部

トーマス・ケネディ3P5本の29得点10アシスト、広島ドラゴンフライズ前節敗戦から3桁得点勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

3桁得点の原動力になったトーマス・ケネディ

 

広島ドラゴンフライズは12月11日、福岡市の照葉積水ハウスアリーナでライジングゼファー福岡と対戦、2019-20シーズン5度目となる3桁得点をマークして104-77で快勝した。

ライジングゼファー福岡は3連勝のあと3連敗でB2西地区最下位を”ひとり旅”。広島ドラゴンフライズは西地区首位をキープ。

広島ドラゴンフライズは前節、福山ローズアリーナでの仙台89ERSとのGAME2に敗れてから中2日。1試合のみの今節の内容と結果が注目されたが第1クォーター30-21でゲームの主導権を握るとその後3クォーターもモノにした。これでライジングゼファー福岡戦は4戦全勝。

仙台89ERS戦黒星をベンチ外で見守っていたトーマス・ケネディが奮起。3P5本を沈めて29得点10アシスト。古野拓巳の欠場が続く中、岡本飛龍16得点、山田亜斗夢10得点など、過密日程でもみんなでカバーする姿勢が光る。

次節は中1日でアウェー群馬クレインサンダーズ戦。

群馬クレインサンダーズは仙台89ERSを抑えて東地区首位にいる。しかも相手はホームでここまで10勝2敗。広島ドラゴンフライズにとっては大きな意味を持つ2連戦になる。

B2第13節
広島ドラゴンフライズ 104-77 ライジングゼファーフクオカ
1Q:30-21
2Q:27-20
3Q:25-18
4Q:22-18
入場者数: 845人

【スターター】
広島:#1トーマス・ケネディ、#2朝山正悟、#3岡本飛竜、#8グレゴリー・エチェニケ、#24田中成也
福岡:#8薦田拓也、#9堤啓士朗、#13デイビッド・ドブラス、#21加納督大、#22ケビン・ピンキニー

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#1トーマス・ケネディ29点
#8グレゴリー・エチェニケ19点
#3岡本飛竜16点
◆アシスト
#1トーマス・ケネディ10アシスト

ライジングゼファーフクオカ
◆得点
#31城宝匡史21点
#13デイビッド・ドブラス18点
#22ケビン・ピンキニー13点

広島ドラゴンフライズ、堀田剛司ヘッドコーチの話
最初から選手たちはエナジーを出しまずディフェンスを頑張るというところを徹底してやってくれた。外国人選手がファウルトラブルの中、谷口選手が相手の外国人選手に体を張って頑張っていた。明日移動し、明後日群馬との試合に向けてしっかり調整し、連勝で広島に帰りたい。

岡本飛龍の話
ここ最近立ち上がりが悪かったのでディフェンスの部分で自分が前から圧力をかけ相手に良いプレーをさせないようにした。それが良いオフェンスに繋がった。守備がはまってああいう速攻のレイアップが多かった部分があった。まだまだチームの中で修正するべきところはある。

トーマス・ケネディの話
非常に良い試合が出来た。良いペースでしっかりリードを広げて戦いきれた。しっかり集中力をもってチームのために出来ることを探しながら全てのポゼッションで全力を尽くしたい。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内