地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サンフレッチェ広島、氷のように冷静に鳥栖に無失点勝利、後半36分に皆川決勝のヘッド
2014年08月11日
編集部編集部

サンフレッチェ広島、氷のように冷静に鳥栖に無失点勝利、後半36分に皆川決勝のヘッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コヤノンアイス
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • レッドヘル

エディオンスタジアム広島の広場に設置されたコヤノンアイス(サンフレッチェ広島の小谷野社長がモデル)

 

サンフレッチェ広島はJ1、第19節のサガン鳥栖戦(エディオンスタジアム広島)に宮原和也を緊急招集した。宮原は本日8月11日より静岡県内で行われているSBS国際ユースサッカーにU-19日本代表として参加する予定だった。

宮原は3バックの右に入り、まん中に千葉が戻り左が水本。ボランチは右に柴崎、左に森崎和、ワントップに石原、トップ下に森崎浩と高萩、右サイド清水、左に柏、GK増田。FWのサブは皆川で佐藤寿人はベンチ入りしていない。

森崎和が最終ラインに下がって4バック的になる時間帯が多くなった。柴崎がワンボランチの時は森崎浩らがカバー。森崎和が上がれば、両サイドが下がって5バックになり、徹底して鳥栖の前列3人のマークを外さない。

そのシステマティックなディフェンスは時に熱く、全体としては氷のように?!冷静だった。

前半は0-0で折り返し。

後半20分、清水OUT、ミキッチIN

後半30分、森崎浩OUT、皆川IN

後半36分、相手陣内でパスを回し左からのクロスにファーサイドに飛び込んだ皆川が頭で押し込み決勝点!!!鳥栖はJ2時代も含めて広島で7戦7敗となった。

皆川インタビュー抜粋「チャンスがあれば決めるだけでした。チーム状況が悪い中、勝てて良かったです。チーム全員で勝ち取った勝利です。また3連覇に貢献したいです」

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内