地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > B1東西地区バランス微妙…昇格組の広島と信州は西地区、4強は東地区へ、大河チェアマン広島ドラゴンフライズに「いきなり狙うぐらい大暴れして欲しい」
2020年04月24日
編集部

B1東西地区バランス微妙…昇格組の広島と信州は西地区、4強は東地区へ、大河チェアマン広島ドラゴンフライズに「いきなり狙うぐらい大暴れして欲しい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大河 朝山
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

B1ライセンス交付をテレビ電話で伝えた大河チェアマンの言葉に耳を傾ける広島ドラゴンフライズの朝山主将

 

Bリーグは4月24日の理事会後に大河正明チェアマンがオンラインで会見を開いた。

その中で、B1昇格が理事会で決まった広島ドラゴンフライズと信州ブレイブウォリアーズの2クラブを加えて計20チームを2地区に分ける、2020-21シーズンの東西地区の顔ぶれが発表された。

東地区…北海道、秋田、宇都宮、千葉、A東京、SR渋谷、川崎、横浜、新潟、富山
西地区…信州、三遠、三河、名古屋D、滋賀、京都、大阪、島根、広島、琉球

なお、Bリーグを取り巻く現在と今後の環境を考慮して、2020-21シーズンもB1からB2への降格枠は設けず、B2からの昇格枠2つは残す。よって2021-22シーズンのB1は22チームになる。

これまで3地区制だったB1が2地区制になったことについて、ネット上には早くも両地区の力量の差を指摘、心配する声が上がっている。

B1優勝と準優勝経験があるのは栃木ブレックス、アルバルク東京、川崎ブレイブサンダース、千葉ジェッツ。新型コロナウイルス感染拡大の影響で打ち切りとなった2019-20シーズンのB1最高勝率はやはりアルバルク東京で、勝率2位が僅差で川崎ブレイブサンダースだった。すべて東地区だ。

昇格組の2クラブはいずれも西地区。しかも西地区の三遠ネオフェニックスは2019-20シーズンで最下位ひとり旅の5勝36敗、勝率1割2分2厘だった。

この日、広島ドラゴンフライズの会見会場とテレビ電話を繋いでB1ライセンス交付の吉報を伝えた大河チェアマンは、広島ドラゴンフライズの浦 伸嘉社長と朝山正悟主将に次のように語り掛け、新型コロナウイルス禍で誕生した明るいニュースが今後のBリーグの発展に結びつくよう、期待した。

大河チェアマンから、B1ライセンスを交付した広島ドラゴンフライズへのコメントは次のとおり。

おめでとうございます。待ちに待ったB1昇格だと思います。ドラゴンフライズが2015年にどれぐらいの規模で経営していたかというと1億ちょっとくらいしかなかった。ドラゴンフライズは広島県、広島市、後援会をはじめブースターのみなさん、熱い熱いメディアのみなさん、広島県バスケットボール協会、ほんとにみなさんがちっちゃなちっちゃなスタートをしたドラゴンフライズをずーっと支えてきた、そして最初の年に入れ替え戦で負けてそこから苦しい時期が始まったんだけど、そんな時に(NOVAホールディングス株式会社の)稲吉社長からの支援も受けて、いろんなことがあって今回B1にたどり着いたのだと思います。

チームも選手も財政面のクラブもスタッフもみんなの力で昇格できたんだと思います。ただ、これが終着点じゃないですよね。ここからが、始まりだと思いますので、新型コロナウイルスで世の中暗いニュースが多い中、B1に上がったチームはけっこう苦戦するんだけれども広島からチャンピオンシップをいきなり狙うぐらい、朝山選手とか経験値のある選手はいっぱいいるので、そんなとこを目指してぜひ大暴れして欲しいと思っています。

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内