地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 速報 > 広島勢、手痛い黒星発進、尾道商完封負け、盈進は雨で初戦仕切り直し、秋季中国高校野球
2019年10月25日
編集部

広島勢、手痛い黒星発進、尾道商完封負け、盈進は雨で初戦仕切り直し、秋季中国高校野球

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

高校野球の秋季中国大会が10月25日に鳥取県で開幕した。

試合会場は米子市のどらドラパーク米子市民球場と、鳥取市のコカコーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場。

コカコーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場で予定されていた矢上(島根1位)-盈進(広島3位)、境(鳥取2位)-倉敷商(岡山2位)は雨のため試合を行わず、26日の午前10時からと午後0時30分からに延期された。

どらドラパーク米子市民球場では2試合が行なわれた。

第1試合は接戦となり、鳥取城北(鳥取1位)が南陽工(山口3位)を3-2で振り切った。南陽工の田中啓太(2年)は6安打完投、3失点。160センチ、57キロの右腕は初回に先頭打者ホームランを打たれたものの、テンポよく投げ抜群のマウンドさばきを見せた。五回に許した決勝の2点適時打が悔やまれる。

第2試合は尾道商(広島2位)が平田(島根2位)に0-2の完封負けを喫した。尾道商は今夏の広島大会4強で、メンバー8人が残っていた。広島の相対的地位の低下が危惧される中で痛い敗戦…

尾道商は初回、隙を見せて先制された。

尾道 商先発はエースの元川惇太(2年)。初回、先頭バッターに三塁線を抜かれて無死一塁。次打者の送りバントを元川は二塁に投げて犠打野選。三番も送りバントで一死二、三塁とされたが四番は空振り三振。

打席には五番でエースの古川雅也(2年)。ここで元川が二塁に牽制を投げると同時にサードライナーがホームへ。ベースカバーに入ったショート稲原大翔(2年)のバックホームは間に合わず、被安打1で先制された。

この1点が重くのしかかり、後攻めの尾道 商打線は序盤3回ノーヒット。四回も沈黙。

五回の元川は先頭打者にヒットを打たれ送りバントで一死二塁。ここで踏ん張り切れず九番の黒田泰司(2年)に右翼線に適時打された。

終わってみれば平田の4安に対して尾道商5安打。

尾道商は八回、相手のミスに乗じて無死二、三塁のチャンスを作ったが、一番・児仁井佑真(2年)の打席の時、投球をキャッチャーが弾いたのを見てホームに突っ込んだ藤井湧太(2年)はタッチアウト。無理して1点を狙う必要のない場面…

児仁井は四球を選び一死一、二塁と再び得点圏に走者を進めたが、二番の稲原はファーストライナー。三番・平本啓太主将は右前打。

二死満塁まで攻めたが、192センチの主砲、松井健(2年)は古川のスライダーに右肩が下がって浅い右飛に終わった。

PR)シーズンオフも手元に「赤」
JCB

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内