地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 速報 > 2月23日エディオンスタジアム広島での鹿島アントラーズ開幕戦に向け、松本泰志怒りの!?2ゴール、浅野雄也、永井龍、野津田岳人らも
2020年02月17日
編集部

2月23日エディオンスタジアム広島での鹿島アントラーズ開幕戦に向け、松本泰志怒りの!?2ゴール、浅野雄也、永井龍、野津田岳人らも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
浅野雄也
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

 画像は先発出場を虎視眈々と狙う浅野雄也

 

サンフレッチェ広島は2月17日、広島市中区の広島広域公園第1球技場でIPU環太平洋大学と45分+45分+30分の計120分マッチを行い9得点を挙げた。失点はゼロだった。

この試合には、シーズン開幕戦となった16日のJリーグYBCルヴァンカップ グループステージ 第1節、FC横浜戦(2-0勝利)の遠征から外れたメンバーと遠征のサブメンバーで行われた。

FC横浜戦の出場選手は次のとおり。

先発
GK
大迫敬介
DF
野上結貴
荒木隼人
佐々木翔
MF
ハイネル(87分藤井智也)
川辺駿
青山敏弘
柏好文(79分浅野雄也)
ドウグラス ヴィエイラ
森島司(70分東俊希)
FW
レアンドロ ペレイラ

サブメンバー
林卓人、井林章、柴咲晃誠、永井龍

 

公式戦での先発出場を目指す浅野雄也や永井龍が得点してアピール、五輪代表候補ながらポジション争いではじき出された格好の松本泰志は2ゴールで意地を見せた。

相手は中国大学サッカーリーグの雄、IPU環太平洋大学。2月13日にはファジアーノ岡山と30分×3本のトレーニングマッチを行い、0-1の接戦を演じていた。

今季は東京五輪(新型肺炎の影響でこの先どうなるかわからないが…)の関係で、シーズンスケジュールも変則となり、日本代表招集の関係でチームを離れる選手も多い。当然、戦力は分厚い方がいい。23日、ホームでの開幕戦ではいきなり鹿島アントラーズを迎えるが、チームはトータルで活性化…3シーズン目を迎えた城福浩監督が目指す形が着々と整いつつある。

試合結果

サンフレッチェ広島 9-0 IPU環太平洋大学
【1本目】1-0
【2本目】5-0
【3本目】3-0 

■得点経過
【1本目】10分:松本大弥(1-0)
【2本目】 2分:浅野雄也(2-0)
【2本目】12分:松本泰志(3-0)
【2本目】14分:永井龍(4-0)
【2本目】32分:茶島雄介(5-0)
【2本目】39分:エゼキエウ(6-0)
【3本目】22分:松本泰志(7-0)
【3本目】26分:鮎川峻(8-0)
【3本目】30+2分:野津田岳人(9-0)

ひろスポ!関連記事
城福サンフレッチェ、ドウグラス ヴィエイラとレアンドロ ペレイラの開幕ゴールで快勝発進!2月23日エディオンスタジアム広島での鹿島アントラーズ戦に弾み(2020年2月16日掲載)
hirospo.com/pickup/63599.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内